ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第830回 「第68回配布:初期範囲のデザインファクター1」

オープンコース案内

  • 第830回 「第68回配布:初期範囲のデザインファクター1」

     第830回 「第68回配布:初期範囲のデザインファクター1」

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。  

     今回は、「第68回配布:初期範囲のデザインファクター1」をお届します。

    事業体の戦略には優先度を5段階で付けるので、戦略の優先度と
    ガバナンスとマネジメント目標の関係の強度が掛算になり対象となる目標
    が強調され、優先度が付けられることになります。
    ちなみに、事業体戦略として「成長/買収」を選択したとしましょう。
    そうするとマッピングテーブルの関係強度の強いガバナンスとマネジメント
    目標が相対的重要度を付して表示されることになります。

    デザインファクターの設計について、マッピングテーブルの関係強度に
    基づき、事業体戦略のデザインファクターである「成長/買収」に対する
    最も重要なガバナンスとマネジメントの目標、さらに重要なガバナンス
    コンポーネント、関連するフォーカス領域欄にその指針をまとめている。

    「ガバナンスとマネジメントの目標の優先順位」の欄には、3.04.0
    強度関係を持つガバナンスとマネジメントの目標がマッピングテーブル
    から抽出され、記述されています。
    COBIT
    コアモデルの「整合、計画および組織化」ドメインのAPO02
    APO03
    APO05と「構築、調達および導入」のBAI01BAI05BAI11です。

    目標の特定ができるとコンポーネントのプロセスを決め、
    他の6つのコンポーネントを定義して目標達成をより確実にします。
    「コンポーネント」の欄はその注力すべきコンポーネントを指摘して
    いるのです。

    それは、「コンポーネント:組織構造」」の中で「投資担当部署と協力して
    ポートフォリオ管理役を補佐する」ことと、「エンタープライズアーキテクト」が
    必要であると指摘している。
     もう1点が、「コンポーネント:サービスインフラストラクチャおよびアプリ
    ケーション」で「自動化と成長を促進し、規模の経済を実現する」ことの
    重要性を提示しているのである。

    「フォーカス領域の変形」の欄では、関連するフォーカス領域がある場合
    その領域指針を記述します。フォーカス領域として特別な追加指針が
    無い場合は標準のCOBITコアモデルに準ずるため、
    COBIT
    コアモデルを記述しています。

     かなり込み入った話になりましたが、設計ツールキットの使用法は後述し
    ますが、設計ツールキットはデザインファクターの入力データから重要となる
    ガバナンスマネジメントの目標を提示するように設計されている。
    そして、この目標に対するコンポーネントがCOBITデザインガイドに提示され
    ているので、より詳細な定義または変形を事業体の事情に合わせて
    定義することになる。

     

    次回は、「第69回配布: デザインファクター2:事業体の達成目標ー1」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================
     

     

    【立秋(りっしゅう) 三候】 

    ◆初候:涼風至(すずかぜいたる)87日頃
    夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。
    まぶしく輝いている太陽も日射しを和らげ、
    夕方に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。

    ◆次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく)812日頃
    夏の終わりを告げるかのように、ヒグラシが鳴いている頃。
    ヒグラシは日の出前や日没後によく鳴き、
    終わってしまう夏を惜しんでいるかのように聞こえます。

    ◆末候:蒙霧升降(ふかききりまとう)817日頃
    森や水辺に白く深い霧がたちこめる頃。
    朝夕のひんやりとした心地よい空気の中、
    深い霧が幻想的な風景をつくりだします。

    ◆旬のもの:ひまわり(花)果物)、つゆくさ)、
    玉蜀黍(トウモロコシ:野菜)エイサー(行事)

    つゆくさつゆくさの花で布を染めたことから
    「着き草」と呼ばれていたそう。蛍を飼うときに、
    籠につゆくさを入れることから
    「蛍草」とも呼ばれています。

    エイサーお盆の行事として沖縄県で行われて
    いるエイサー。本来は青年男女が無行息災などを願い、
    エイサーを踊りながら、集落内を練り歩いていましたが、
    戦後は各地のエイサーが集まり大会が行われるよう
    になりました。

     

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内