ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第773回 「第11回配布:第1ステップの設計要因」

オープンコース案内

  • 第773回 「第11回配布:第1ステップの設計要因」

       ~ITコンサルタント養成講座~

        第773回 「第11回配布:第1ステップの設計要因」


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第11回配布:第1ステップの設計要因」をお届します。

     

    各ステップで適用するデザインファクター項目を概説しましょう。
    1のステップは、「ガバナンスシステムの初期範囲」と称し、
    事業戦略や達成目標等の事業体の4つの基本戦略事項に対する分析です。
    デザインファクターとして、「事業体戦略」、「事業体の達成目標」、
    「リスクプロファイル」、「I&T関連課題」があります。たとえば、

     

    ◆「事業体戦略」では、成長/買収、イノベーション/差別化、コストリーダーシップ
    、顧客サービス/安定性といった大括りの戦略がCOBITコアモデルのガバナンス
    とマネジメント目標に与える影響を捉えます。

     

    ◆「事業体の達成目標」では、BSCで策定した4つの視点の戦略目標
    (事業体の達成目標)が13個の事業体の達成目標として提示される。
    その達成目標の重要度がガバナンスとマネジメント目標に与える影響を捉えます。

     

    ◆「リスクプロファイル」では、事業体が現在、さらされている
    I&T
    関連リスクの種類を19種に識別し、どのリスク領域がガバナンスと
    マネジメント目標に与えるリスク選好度を超えているかを特定し、
    そのリスクカテゴリーの影響を捉えます。
    (注)リスク選好とは意思決定者(投資家)が一定のリターンを獲得するのに
      許容可能なリスクの大きさに関する嗜好を表す。

    ◆「I&T関連課題」では、現在直面しているI&T関連の課題、
    つまりIT関連のリスクが具体化したものを検討することである。
    20
    分野の課題要因が挙げられ、ガバナンスとマネジメント目標
    に与える影響を捉えます。

    この第1ステップの設計要因は、事業戦略の根幹であり、どの事業体でも
    必須の考慮事項なのでデザインガイドでは「ガバナンスシステムの初期範囲」と言われる。
    ツールキットでは個別のデザイン要因に対するガバナンスとマネジメント目標に
    与える影響と4つのデザインファクターを総合した場合の
    ガバナンスとマネジメント目標に与える影響の両方を提示するので、
    ガバナンスシステムの設計者はその対策を講じやすくなるのは明らかである。

    回は、「第12回配布:第2ステップの設計要因」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売予定◆◆ 
       令和2年6月11日から、PDF版、27日から製本版の発売を開始します。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆古代史セミナーを開始します。シリーズ1「古代文化とその伝道者」◆◆ 
     令和2年7月8日から隔週水曜日から実施します。
     現代の日本文化の原点となっている大和から江戸時代へと成長していく日本文化の
     ルーツを全 5 回を通して探ります。

     こちらです

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20200502kadaisiseminorseries1reviced(1).pdf

    ===PR===================================================================

     

     

    【夏至(げし) 三候】 

    夏至と言うと反射的に‘暑さ’をイメージしますね。
     どんな暑さの夏か?体力づくり必須!

    ◆初候:乃東枯(なつかれくさかるる)621日頃
    冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。
    色鮮やかな夏の花が開花するという時期に、
    枯れていく花に思いを寄せた、古人の優しさを感じる言葉です。

    ◆次候: 菖蒲華(あやめはなさく)626日頃
    アヤメが花を咲かせる頃。
    アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。アヤメ、ハナショウブ、
    カキツバタはよく似ており、非常に見分けがつきにくいです。

    ◆末候:半夏生(はんげしょうず)71日頃
    半夏(からすびじゃく)が生える頃であり、
    半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。
    農事の節目ともされており、田植えを終わらせる頃です。

    ◆旬のもの:夏みかん(果物)、鮎(魚)、オクラ(野菜)、冷酒(飲料)、
    夏越しの祓(行事)

    【オクラ】オクラの粘り気は、免疫力を高め、胃の粘膜を強化し、
    ストレスで弱ったお腹の調子を整えてくれます。
    夏のネバネバ野菜は、夏バテ予防の心強い味方です。

    【冷酒】ひやざけは燗をせずに飲む酒であり、常温のお酒のことを言い、
    冷蔵された冷酒(れいしゅ)とは違います。
    日本酒の本当の美味しさがでてくるのは、ひやざけの常温とされています。

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内