ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第835回 「第73回配布:デザインファクター4:I&T関連課題」

オープンコース案内

  • 第835回 「第73回配布:デザインファクター4:I&T関連課題」

     第835回 「第73回配布:デザインファクター4I&T関連課題」

     

     皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。 


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。  

     今回は、「第73回配布:デザインファクター4I&T関連課題」をお届します。 

    事業体のI&Tリスクアセスメントに関連する方法は、
    現在直面しているI&T関連の課題(20項目)に対して、
    各々に3段階の重要度に1点から3点を設定することで、
    設計ツールキットはガバナンスとマネジメント目標の相対的重要度に
    マッピングテーブルを用いて変換します。

    I&T関連の20の課題を見ていきましょう。

    図表ではI&Tに関わる問題を挙げています。
    すべての課題の詳細をカバーすることはできませんので、
    課題をより一般化した表現で全般的に網羅しようとしています。
    その課題はITシステムの経営貢献度、経営者意識、ITスキル、
    IT
    システムの対応機能、ITベンダー課題など
    I&T
    に関わる様々な課題です。

    記述課題に対して、事業体としての重要度を「レ:問題なし」、
    「!:問題」、「×:深刻な問題」の3レベルで評価します。
    評点で言えば、それぞれを1点、2点、3点で
    重大さレベルを表しているということです。

    図表での評価サンプルで、深刻な問題「×」とチェックしている課題
    を引用して記述のレベルを掴む上で、若干解説してみましょう。
    評価記述NOHIMNOTです。

    ◆課題HIは、それぞれ、「さまざまな主体的な取り組み間の
    重複または重なり、あるいはその他の形式の無駄なリソース」と
    「不十分なITリソース、十分なスキルのないスタッフ、
    スタッフの燃え尽き/不満」です。
    その焦点は人材リソースに関する課題に当たっています。
    H
    の課題は、全社的なポートフォリオの観点に立った
    プログラム管理が無い場合やエンドユーザーコンピューティング等
    でよく発生数する課題です。
    主体的に積極的な改善プロジェクトが発生するのであるが、
    全体統制が取れないことによる重複作業や無駄なリソース活用が
    生じるという課題です。
    課題Iは有効活用できるIT資源やITリテラシ―の不足、
    IT
    環境の変化スピードへの対応スキル不足という人材リソースの課題です。
     

     

    ◆課題Mの「高すぎるITコスト」は、変化の激しいITの変化対応
    によって増加するIT導入コスト増大やメンテナンスシステムの維持費用
    の増大を指します。

    ◆課題Nの「現在のITアーキテクチャおよびシステムによる
    新しいイニシアチブまたはイノベーションの導入の妨害または失敗」は、
    IT
    システムをウォータフォール型のようにモノリシックに構築
    すればするほど、メンテナンス負荷が高まり迅速な対応が出来難い。
    従って、新しい事業試みやイノベーションへの対応が困難になり、
    IT
    が新規事業の阻害要因になるという課題を述べています。

     

    次回は、「第74回配布: デザインファクター4I&T関連課題―2」を解説します。

     

     

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================
     

     

     

     

     

    【秋分(しゅうぶん)】 922

    秋分の前後3日間をはさんで、7日間を「秋の彼岸」といいます。
    彼岸はサンスクリット語の略が語源とされますが、
    墓参りをする風習は日本独自のものです。
    お彼岸は「日願」ともされ、秋の豊作を祝い、
    感謝を捧げる行事とも結びついています。

    お彼岸には「おはぎ」をお供えしますが、
    春には「ぼた餅」と呼ばれています。
    この2つは基本的には同じものです。
    昔は、秋に収穫したての小豆をつぶして粒あんにしたものが「おはぎ」、
    冬を越して硬くなって小豆をこしあんにしたものが「ぼた餅」という
    違いがあったようです。
    それを春には牡丹、秋には萩に見立てて牡丹餅(ぼたもち)、
    御萩(おはぎ)と呼びました。

    この頃には彼岸花が見かけられるようになります。
    曼珠沙華とも呼ばれ、この名はサンスクリット語で
    「天上に咲く赤い花」を意味します。
    おめでたいことがおこる兆しとして、天から赤い花が降ってくる
    という仏教の経典に由来します。

    (マイナビ・農業)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内