ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第792回 「第30回配布:マネジメント目標BAI3」

オープンコース案内

  • 第792回 「第30回配布:マネジメント目標BAI3」

     ~ITコンサルタント養成講座~

    第792回 「第30回配布:マネジメント目標BAI3」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が2020年2月に出揃いました。
    ISACAの提供するCOBITはITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。
     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第30回配布:マネジメント目標BAI3」をお届します。

    ◆BAI03: 管理されたソリューションの識別と構築
    この目標の目的は、「デジタルプロダクトおよびサービスの俊敏か
    スケーラブルな供給を確保する。
    事業体戦略と業務目的を支援できる適時的で費用対効果の高い
    ソリューション(テクノロジー、ビジネスプロセス、作業の流れ)を確立する。」
    と記述している。
    この目標は、事業体の要件に沿って、特定されたプロダクトおよび
    サービス(技術、ビジネスプロセス、ワークフロー)を構築・維持することである。

    実施事項は、以下の通りである。
    ・合意された適切な段階的または迅速なアジャイル開発技法を使用し、
    高レベルソリューションを概要設計を開発・文書化する。
    ・詳細なソリューションコンポーネントを詳細設計を順次
    開発・文書化・精緻化し、設計する。
    ・ソリューションコンポーネントを開発する。
    ビジネスプロセス、サポートサービス、アプリケーション、インフラストラクチャ、
    情報について提案される詳細設計を個別の環境で開発する。
    ・取得計画にもとづきソリューションコンポーネントを調達する。
    ・ソリューションを構築する。
    ソリューションをインストール・構成し、ビジネスプロセス活動と統合する。
    ・品質保証(QA)を実施する。
    ・ソリューションテストを作成する。
    個々の統合ソリューションコンポーネントをテストするための
    テスト計画と必要な環境を確立する。
    ・ソリューションのテストを実施する。
    ・要件に対する変更の承認・適用を管理する。
    ・ソリューションを保守する。
    ソリューションコンポーネントとインフラストラクチャコンポーネントの
    保守計画を策定・実行する。
    ・ITプロダクトとサービスを定義し、サービスポートフォリオ(プロダクト
    およびサービスの定義とサービスレベル)を維持する。
    ・定義された開発方法論に基づいてソリューションを設計する。
    適切な開発方法論とはウォーターフォール、アジャイル、または
    バイモーダルI&T等を言い、これらを使って、ソリューションを
    設計・開発・導入する。この実施項目は、組織横断で捉えるような
    特別なソリューションの実施事項としてとして記述されている。


    次回は、「第31回配布:マネジメント目標BAI4」を解説します。


    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるI&Tガバナンスの図解解説」を発売◆◆
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
    電子書籍は⇒
    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html
    ===PR===================================================================


    【立冬(りっとう)】 11月7日
    十四節気のひとつで、木枯らしが吹きはじめ、冬の気配が感じられる頃。
    暦の上ではこの日から立春の前日までが冬になります。
    本格的な冬やって来る前に、冬支度をしておきましょう。

    +木枯らし
    木枯らしは、晩秋から初冬に吹く冷たい北風で、木の葉が吹き落とされ、
    枯れたようになってしまうことに由来します。気象庁で木枯らし1号が発表されると、
    冬型の気圧配置になったあかしです。

    +鎮火のお供え
    火を使い始める時期なので、寺社では鎮火祭が行われます。
    鎮火祭では里芋やみかん、魔除けの赤飯をお供えします。
    家でも火の用心。火の取り扱いには気をつけたいですね。

    +こたつ開き
    西日本では、亥の子の日(11月の第一亥の日)に、多産のイノシシにあやかり、
    亥の子餅を食べて無病息災や子孫繁栄を祈願し、
    田の神に供えて収穫を祝う風習があります。
    また、亥の子の日に炉開きをすると火事にならないといわれており
    こたつなどの暖房器具を出したり、囲炉裏に火入れをして冬の準備を始めます。

    (暮らし歳時記)


    【新着情報】
    ======================================================PR============
    ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR=============================
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内