ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第793回 「第31回配布:マネジメント目標BAI4」

オープンコース案内

  • 第793回 「第31回配布:マネジメント目標BAI4」

      ~ITコンサルタント養成講座~

    第793回 「第31回配布:マネジメント目標BAI4」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOB
    IT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が2020年2月に出揃いました。
    ISACAの提供するCOBITはITの進化に連れて内容が変化
    しています。
    COBIT2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の
    多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。
     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、A
    Iのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モ
    デルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&
    Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。


     今回は、「第31回配布:マネジメント目標BAI4」をお届します。 

    BAI11 : 管理されたプロジェクト

    この目標の目的は、「ビジネスおよびエンドユーザーとの
    意思疎通と関わり合いを改善することによって、
    明確なプロジェクトの成果を実現し、予期しない遅延、コスト、
    価値低下のリスクを軽減する。
    プロジェクト成果物の価値と品質を確保し、定義された
    プログラムと投資ポートフォリオへの貢献度を最大化する。」
    と記述している。
    事業体戦略のポートフォリオ・ロードマップに沿い、
    標準のプロジェクト管理アプローチに基づき、
    事業体内のすべてのプロジェクトを管理するということである。

    プロジェクトの開始、計画、統制、実行を行い、
    実装(移行)後のレビューでクローズすることになるる。
    BAI01
    の管理されたプログラムの中の個々のプロジェクト
    に対する目標であるから実施事項には似通った項目
    が出てくることになる。

    実施事項は、以下の通りである。

    ・プロジェクト管理のための標準的なアプローチを維持する。

    ・プロジェクトを起動・開始する。
    ステークホルダーの間でプロジェクト範囲の共通理解を
    確認・発展さ せるために、プロジェクトの性質と範囲を
    定義付け・文書化することである。

    ・内外ステークホルダーの関与を管理する。
    ステークホルダーの計画、特定および関与、
    そして期待の管理を含む。

    ・プロジェクト計画を策定・維持する。

    ・プロジェクトの品質を管理する。

    ERMEnterprise Risk Management

    フレームワークに沿ったプロジェクトリスクを管理する。

    ・プロジェクトをモニタリング・統制する。

    ・プロジェクトリソースと作業パッケージを管理する。
    (
    )PMBOKではワークパッケージといい、管理作業の単位を言う。

    ・プロジェクトまたはアジャイル開発でのイテレーション
    (反復開発)を終了する。
     

     

    次回は、「第32回配布:マネジメント目標DSS01」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

      

    【立冬(りっとう) 三候】 

     

    【初候】 山茶始開(つばきはじめてひらく)117日頃

      よみは「つばき」ですが、山茶花が咲き始める頃。

      冬枯れの景色の中で、大輪の山茶花の花は

      よりいっそう目立ちながら、綺麗に咲きほこります。

    【次候】 地始凍(ちはじめてこおる)1112日頃
      冬の冷気のなかで、大地が凍りはじめる頃。
      朝は霜が降り、場所によっては霜柱がみられるところもあります。
      夜は冷え込みがいっそう厳しくなるので、
      部屋の窓の結露にも注意が必要です。

    【末候】 金盞香(きんせんかさく)1117日頃
      水仙の花が咲きはじめる頃。
      漢字やよみからは、金盞花を連想してしまいそうですが、
      水仙の花のことを表しています。水仙は上品な香りと、
      育てやすさから人気のある花です。

    【旬のもの】 林檎(果物)、蓮根(野菜)、牡蠣(かき:魚)、茶の花(花)、
    七五三(行事)

    <牡蠣かき>牡蠣は貧血の改善に効果がある食材の中で、
    最も理想的な食べ物です。新鮮な生牡蠣は美味しいですが、
    貧血には火を通した温かい牡蠣のほうが効果があります。

    <茶の花>名前の通り、お茶の木に咲く花である茶の花。
    椿にそっくりな小ぶりな花で、実も椿の実とそっくりです。
    更に、成分も椿と似ているため、椿油と同じく化粧品など
    で使われることもあるようです。

    (暦生活)



    【新着情報】
    ======================================================PR============
    ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR=============================
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内