ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第821回 「第59回配布:CMMIの能力レベル」

オープンコース案内

  • 第821回 「第59回配布:CMMIの能力レベル」

       ~ITコンサルタント養成講座~


    第821回 「第59回配布:CMMIの能力レベル」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。 
     

     今回は、「第59回配布:CMMIの能力レベル」をお届します。 

    ◆「レベル1」
    『初期』の能力レベルと称し、その段階の組織特性を「ソフトウェアプロセス
    は場当たり的、時には混沌としたものと特徴付けられる。
    ほとんどのプロセスは定義されておらず、成功は個人の努力に依存する。」
    と記述する。成果物は生み出されるが、プロセスは定義されてなく
    個人の努力(能力)に依存するということですから。職人的なプロセスです。

    ◆「レベル2」
    『反復できる』の能力レベルと称し、その段階の組織特性を「コスト、
    スケジュール、機能充足性を確認するために、基本的なプロジェクト管理
    プロセスが確立されている

    同様のアプリケーションのプロジェクトに関しては、以前の成功経験を
    反復するためのプロセス規律がある
    。」と記述する。
    以前の成功経験を反復するためのプロセス規律に従えば誰でも目標の
    成果物を作れる訳ですから、基本的な徒弟制度的管理プロセスは
    確立されている能力レベルです。

    ◆「レベル3」
    『定義された』の能力レベルと称し、その段階の組織特性を「管理および
    エンジニアリングの活動に対するソフトウェアプロセスが、
    「組織の標準ソフトウェアプロセス」として文書化、標準化、
    そして統合化されている
    。ソフトウェアの開発と保守において、
    承認されテーラーリング(仕立て直し)されたバージョンの
    「組織の標準ソフトウェアプロセス」
    をすべてのプロジェクトが
    使用する。」と記述する。テーラリングされ、文書化、標準化を
    以て統合され、承認されているのですから、目標の納期や生産量
    も設定出来き、組織としての標準プロセスがあるレベルです。

    ◆「レベル4」
    『管理された』の能力レベルと称し、その段階の組織特性を
    「ソフトウェアプロセスおよび成果物品質に関する詳細な計測結果
    が収集されている
    。ソフトウェアプロセスも成果物も、定量的に
    理解され制御される
    。」と記述する。
    プロセスおよび成果物品質が計測されということですから、
    最終成果物だけでなくプロセス内でのKPIKey Performance
     Inddicator)が設定され管理されているレベルのプロセスです。
    成果物に対するKPI管理ということが出来ます。

    ◆「レベル5」
    『最適化する』の能力レベルと称し、その段階の組織特性を
    「革新的なアイディアや技術の試行、およびプロセスからの
    定量的フィードバックによって継続的なプロセス改善が可能
    なっている。」と記述する。KPIのフィードバックによって問題点が
    把握され、継続的なプロセス改善が可能になっているのですから、
    プロセスはその時点時点で最適な状態に保つことが出来るレベル
    の管理です。

    CMMIは以上の5段階の成熟度レベルを定義し、
    CMMI
    はソフトウェアプロセスに適用しています。
    COBIT2019
    ではプロセスの活動でこの能力レベルが適用されます。
    この能力レベルを業務レベルに適用すると、すべてのプロセスの活動の
    能力レベルがレベル1から5へと段階的に上がっていく訳ではないこと
    が分かります。業務によっては能力レベルが3レベルで十分なところも
    あれば、レベル5まで求められる業務もあるということです。

     回は、「第60回配布:COBIT2019の能力レベルの定義」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================

     

     

    【芒種(ぼうしゅ) 三候】 

    ◆初候:蟷螂生(かまきりしょうず)65日頃
    秋に生みつけられた卵から、かまきりが誕生する頃。
    かまきりは農作物には手をつけず、害虫を捕まえてくれる、
    私たちにとってありがたい存在です。

    ◆次候:腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)610日頃
    ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃。
    きれいな水辺に住んでいると思われがちですが、
    野原でも蒸れて腐りかけた草の下で、明かりを灯し始めます。

    ◆末候:梅子黄(うめのみきばむ)615日頃
    梅雨入りと同じくして、梅の実が薄黄色に色づく頃。
    梅雨という言葉は、梅の実が熟す頃の雨という意味です。
    (カビ)が生えやすい季節なので、
    「黴雨(ばいう)」と書くこともありました。

    ◆旬のもの:紫陽花)、田植えの祭り行事)、トマト野菜
    縞鯵)、父の日行事

    紫陽花紫陽花は梅雨時を象徴する日本固有の
    花です。「万葉集」にも名前が出てくるほど
    古くから知られています。鎌倉時代に園芸化され、
    江戸時代には一般的な庭園植物となりました。

    父の日アメリカで、男手ひとつで育てられた女性が、
    「父への感謝を」と提唱したのがはじまりです。
    日本では、6月の第3日曜日が父の日とされて
    おります


     

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内