ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第765回 「第3回配布:COBIT2019の概念とは(全体観)」

オープンコース案内

  • 第765回 「第3回配布:COBIT2019の概念とは(全体観)」

       ~ITコンサルタント養成講座~

     

       第765回 「第3回配布:COBIT2019の概念とは(全体観)」

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。

    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

    今回は、「第3回配布:COBIT2019の概念とは(全体観)」をお届します。

     

    前回でCOBIT2019は情報と技術(I&T)のガバナンスを対象にしていることを
    述べてきましたが、そのI&Tのガバナンスはどんな要件を備えて
    いなければならないのかを定義し、明確にしなければなりません。

    COBIT2019では、ガバナンスについて以下のように定義しています。
    ガバナンスとは、

    *ステークホルダーのニーズ、条件および選択肢を評価し、バランスの取れた合意

    された達成すべき事業体目的を決定すること。

    「ステークホルダー」とは利害関係者を言うので多くの対象者がいますが、
    ここでは顧客や市場、経営者にフォーカスしておけば良いでしょう。
    「事業体の目的を決定する」とは事業体が持つ商品やサービスの
    売上/利益等の目標を達成することですから、この事業体の目標を設定し、
    遂行すべき活動が策定されることであると述べていることになる。

     

    *優先順位付けと意思決定を通して方向性が設定されること。

    事業体の優先度や事業内のビジネスに対する優先度は企業のポートフォリオ、
    つまり投資対効果の良し悪しで優先付けされなければなりません。
    この優先度の決定は経営者が意思決定することになる。
    この意思決定によって、管理すべき項目が決定されITガバナンスの
    フレームワークの方向性が設定できるということです。

     

    *合意された方向性と目標に対する成果と準拠性がモニタリングされること。

    事業目標は現場の目標まで関連付けをもって下位展開(カスケードという)し、
    階層化されなければならないことは当然である。
    後述するがCOBIT2019ではバランススコアカードを用い、マッピングという手法で
    カスケード(下位展開)を行なっている。

    I&Tのガバナンスの定義を踏まえ、COBIT20196つの要素を挙げて
    その概念を構成しました。

     COBIT2019の概念は6つの要素によって構成されています。
    詳細は伎実になりますが、ここではCOBIT2019の全体イメージを抑えておきます。
    構成する6つの要素は、「原則(原理)」、「ガバナンスおよびマネジメント目的」、
    「達成目標のカスケード」、「ガバナンスシステムのコンポーネント」、
    「フォーカス領域」、「設計要因」です。

    COBIT2019I&Tのガバナンスのフレームワークを構築・運用する手法である
    とすると、そのフレームワークを構成するための機能基準となる「原則(原理)」が
    まず必要になります。

     

     

    回は、「第4回配布:「原則(原理)」を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆古代史セミナーを開始します。シリーズ1「古代文化とその伝道者」◆◆ 
     令和2年5月13日から隔週水曜日に実施します。422日開始から延期です。
     現代の日本文化の原点となっている大和から江戸時代へと成長していく日本文化の
     ルーツを全 5 回を通して探ります。

     こちらです

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20200402kadaisiseminorseries1reviced.pdf

    ===PR===================================================================

     

     

     【八十八夜(はちじゅうはちや)】 52

    なぜ立春から数えて八十八日目をこう呼ぶようになったのでしょう。
    それは、農業に従事する人びとが多かった昔の日本社会で、
    ちょうどこの頃が種まきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業を
    行う時期にあたっていたからです。昔の人びとはこの時期を
    「夏の準備を始める目安」ととらえていました。

    「末広がり」の姿をしていることから、幸運を呼ぶとされてきた「八」の字。
    その「八」の字が二つ重なった「八十八夜」は、それだけに縁起のいい日
    と考えられていました。また、「八」「十」「八」の3つの字を組み合わせると
    「米」という字になるため、とくに農業に携わる人びとに大切にされてきたのだ
    と言われます。

    八十八夜にまつわる伝承で「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」、
    こんな言葉を聞いたことはありませんか?
    八十八夜を迎える頃になると、天候も安定します。
    この時期を過ぎれば、霜がおりるほど冷え込むことはないとされていました。
    その年に最後におりる霜のことを「別れ霜」といい、
    まt、とくに寒い地方では、こよみだけに頼って農作業の予定を立ててしまうと、
    思わぬ霜の被害に泣かされる(泣き霜)ことがあったのです。

    いち早く芽吹いた茶葉を収穫してつくった新茶(一番茶)は、
    その後に摘まれる茶葉よりも栄養価やうまみ成分が多く含まれているのです。
    昔の人びとは経験的にそれを知っており、「新茶を飲むと病気にならない」
    「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」などと言い伝えてきました。

    Tenki.jp

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内