ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第764回 「第2回配布:COBIT2019の出現の背景」

オープンコース案内

  • 第764回 「第2回配布:COBIT2019の出現の背景」

       ~ITコンサルタント養成講座~

     

       第764回 「第2回配布:COBIT2019の出現の背景

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。

    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

    今回は、「第2回配布:COBIT2019の出現の背景をお届します。

     

    COBIT2019は表記通り、2019年(令和元年)に発表されました。
    IT
    ガバナンスではなくI&Tガバナンスです。
    COBIT
    1996年に会計監査としてのCOBIT1が誕生してから
    その時代の環境とITの進化に合わせてその枠組み(フレームワーク)は
    変化してきました。

    ITが関係して関係してきたのは2000年発表のCOBIT3からです。
    会計システムがITによる処理に変わり、ITでの会計監査することに
    変わったことへの対応でした。

    2002
    7月のSOX法(内部統制)が成立すると、2005年には
    内部統制対応のITガバナンスとして会計監査からすべての業務の
    IT
    監査を対象にするITガバナンスをCOBIT4.0/4.1では打ち出しました。

    7年後の2012年には、COBIT5が発表されITガバナンスの対象が
    事業体に広がります。事業体ということは事業戦略の下でITガバナンスを
    実施するということですから、
    IT
    ガバナンスが事業体の利益向上の役割を補完することになります。
    そのためにCOBIT5ITガバナンスのフレームワークの方向づけと
    管理を行う「ガバナンス」としてのトップマネジメントの役割、
    そのフレームワークを構築し運用して行く「マネジメント」としての
    実務のマネージャの役割を分割して全社的な活動とすることを提案しました。

    IT
    ガバナンスの目標は事業目標達成のための戦略目標と直結することになりました。
    さらに、ITガバナンスに係るValITRiskITBMISBoard Briefing on IT Governance
    ITAF
    等のISACA出版物、およびISACA外のITILTOGAF ISO 標準などの
    IT
    関係出版物を統合し、事業戦略と一体のITガバナンスの知識体系を構築しました。


    IT
    ガバナンスを事業戦略と一体の位置づけにしたことで膨大な知識量になり、
    活用するには様々な課題が出てきました。
    特に大きい課題は、ITガバナンスの知識習得運用が複雑になり、
    IT
    バナンス自身が変革を抑制するものになったり、管理上のオーバヘッド
    であるという認識を与えたことでした。

    このようなCOBIT5の課題を踏まえ、2019年にCOBIT2019I&T(情報と技術)
    に関する事業体のガバナンスのフレームワークとして登場しました。

    ITガバナンスからI&Tガバナンスの最適化するI&Tガバナンスへ移行した背景は、
    IT」の表現は特定の組織部門、IT部門などがその技術に関する
    主要な責任を担うものであるとされ、事業体全体に関わるはずのITガバナンスが
    偏ったものとなることが多かったことです。
    新たに「I&TInformation & Technology)」(情報と技術)という表現を用いたことは
    事業体がゴールの達成のために生成し、処理し、
    そして利用される全ての情報は、事業体全体に関わるものであるとして
    情報の重要性に焦点を当てたことにあります。

    もう1点は、ITの利用に関して、AIIoT、ディジタルトランスフォーメーション(DX)、
    ドローン、ロボット等の新たな技術やディジタル化といった新たなトレンドに
    相応したプロダクトであることが必要になりました。
    また、他の基準は進化しており、この結果として基準やフレームワークの状況が
    以前とは異なったものとなっており、再度、整合性を取る必要があったことから、
    より柔軟で頻繁なCOBITの更新が要求されていたことにありました。

     

    回は、「第3回配布:COBIT2019の概念とは(全体観)」を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆古代史セミナーを開始します。シリーズ1「古代文化とその伝道者」◆◆ 
     令和2年5月13日から隔週水曜日に実施します。422日開始から延期です。
     現代の日本文化の原点となっている大和から江戸時代へと成長していく日本文化の
     ルーツを全 5 回を通して探ります。

     こちらです

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20200305kadaisiseminorseries1.pdf

    ===PR===================================================================

     

     

    【穀雨(こくう) 三候】

    初侯:葭始生(あしはじめてしょうず)420日頃
    水辺の葭が芽吹き始め、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃。
    葭は、最終的にすだれや屋根などに形を変え、人々の生活を手助けしてくれます。

    次候:霜止出苗(しもやみてなえいずる)425日頃
    暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃。
    田植えの準備が始まり、活気にあふれている農家の様子が連想できる言葉です。

    末候:牡丹華(ぼたんはなさく)430日頃
    百花の王である牡丹が開花し始める頃。
    美しく、存在感があり堂々としている牡丹。中国では、
    国の代表花として牡丹があげられ、数え切れないほどの
    逸話や美術に登場します

    旬のもの:筍(野菜)、へびいちご(野菜)、ヤリイカ()、藤(花)、八十八夜(行事)

    <>筍はタケ類の地下茎からでる幼茎のことです。「筍」という漢字は、
    竹が10日間(一旬)で成長するため、竹の旬の時期という意味が
    由来であるとも言われています。

    <ヤリイカ>全体的に細長く、地方によってはササイカ、サヤナガ、
    テッポウなどの呼び方があります。
    ヤリイカは透明、茶色、白と色が変化していくため、
    透明のものは鮮度が高いといえます。

     

    (暦生活)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内