ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第768回 「第6回配布:達成目標のカスケード」

オープンコース案内

  • 第768回 「第6回配布:達成目標のカスケード」

       ~ITコンサルタント養成講座~

        第768回 「第6回配布:達成目標のカスケード」


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。

    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第6回配布:達成目標のカスケード」をお届します。 

    カスケードとは「下方展開」と解釈すればよいでしょう。
    COBIT2019
    ではステークホルダーの要望を経営の実践活動に下方展開し、
    COBIT
    コアモデルのガバナンスとマネジメントの目的・目標まで絞り込むための
    標準の展開のためのテーブル(マッピングテーブル)を整備しました。
    今回は概要で後日詳述しますので、カスケードのイメージを掴んでください。
     

    最初(最上位)に「ステークホルダーの推進力と要望」があります。ス
    テークホルダーですので利害関係者です。
    事業体に最も関係するの経営者、顧客・市場と捉えれば良いでしょう。
    顧客・市場のニーズ(要望)と経営・IT動向を捉えて事業戦略を策定します。
    これが事業体の達成目標です。

    一般にこの目標を策定するのはBSC(Balance Score Card)を用いて定義します。
    BSC
    ではCOBITでいう事業体の達成目標を戦略目標といいます。
    事業の戦略が決まると、ITガバナンス目標である整合目標を策定します。
    整合目標とは事業体の達成目標をI&Tで統治するための目標をいい、
    ガバナンスとマネジメント目標の上位目標になります。
    この目標はITBSCを用いて変換します。

    ITBSC
    とはBSCの手法をITに応用したもので、
    BSC
    4つの視点である「財務」、「顧客」、「内部業務」、「学習」の4視点で
    必要なI&T(情報と技術)を発想したものです。
    整合目標は事業体の達成目標とITBSCで発想されたI&T目標との
    マッピングによって合致した目標にカスケードします。
     

    回は、「第7回配布:ガバナンスシステムのコンポーネント」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆COBIT2019対応「新ITガバナンス入門コース◆◆ 
    2010
    2月末、ISACA発行の4つの中核資料(日本語版)をもとにまとめたコースです。
     こちらですhttp://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版を発売予定◆◆ 
    平成30121日から発売を開始しました。よろしくお願いします。
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆古代史セミナーを開始します。シリーズ1「古代文化とその伝道者」◆◆ 
     令和2年7月8日から隔週水曜日から実施します。
     現代の日本文化の原点となっている大和から江戸時代へと成長していく日本文化の
     ルーツを全 5 回を通して探ります。

     こちらです

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20200502kadaisiseminorseries1reviced(1).pdf

    ===PR===================================================================

     

     

    【小満 (しょうまん) 5/216/4

    二十四節気が立夏から小満へと変わりました。
    小満は、日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、天地に満ち始める頃をいいます。
    昨年の秋に蒔いた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから、
    「小さな満足 = 小満」となったともいわれています。

    日ごとに上昇する気温に合わせ、あらゆる生命ががすくすくと成長していきます。
    畑の麦は大きく穂を実らせ、野山や草木の青葉はどんどん深みを増してゆきます。
    田植えの準備を始める頃でもあり、西日本では「走り梅雨」がみられる頃です。

    走り梅雨は「梅雨の走り」とも言い、本格的な梅雨を目前にしながら、
    先走るようにぐずつく天候のことを指します。
    通常はこの後晴れた日が続き、その後に梅雨入りとなりますので、
    6
    1日の衣替えに向けて、晴れているうちに準備を進めておくのがよさそうです。

     

    暮らしのほとり舎

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内