ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第774回 「第12回配布:第2ステップの設計要因」

オープンコース案内

  • 第774回 「第12回配布:第2ステップの設計要因」

     ~ITコンサルタント養成講座~

        第774回 「第12回配布:第2ステップの設計要因」


      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第12回配布:第2ステップの設計要因」をお届します。

     

    第2ステップは「ガバナンスシステムの範囲の絞り込み」と表現していますが、
    それぞれの事業体特有でI&Tガバナンスに影響を与える要因6項目を与え、
    1ステップと同様に、6つのデザインファクターの個別のデザイン要因に対する
    ガバナンスマネジメント目標に与える影響と第1ステップと第2ステップの
    総合した場合のガバナンスマネジメント目標に与える影響をツールキットが提示し、
    そのデータを基に設計者は注力すべきガバナンスマネジメント目標を
    選定することになります。

    ちなみに、7つのデザインファクターは、事業体が稼働する脅威環境を設定する
    「脅威環境」、事業体が対象とするコンプライアンス要件の順守程度を設定する
    「コンプライアンス要件」、事業体におけるITの果たす役割を定義する「ITの役割」、
    事業体が採用するオンプレミスかクラウド化といった調達モデルを設定する
    「ITソーシング(IT調達)モデル」、ITの開発方法等を指定する「IT導入方法」、
    新技術に対する採用の対処スピードを設定する「技術採用戦略」、
    大企業か中小企業かの判断である「事業体規模」を考慮する。
     ただし、ツールキットでは「事業体規模」は250人以上の大企業がベースであり
    対象のシミュレーションにはない。

    3ステップでは、「矛盾の解決」と称し、事業体特有の事情である
    フォーカス領域の課題対処を行い調整する。フォーカス領域の例としては、
    中小企業、サイバーセキュリティ、デジタルトランスフォーメーション、
    クラウドコンピューティン グ、プライバシー、DevOpsなどがある
    デザインファクターはCOBIT2019で特徴的な概念ですが、
    ガバナンスシステムを自事業体の状況に合わせて構築するという多様性を
    打ち出したことで当手法を活用できる事業体が広がったことになります。 

    次回は、「第13回配布:事業体戦略とI&Tガバナンスの位置づけ」を解説します。 

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売予定◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆古代史セミナーを開始します。シリーズ1「古代文化とその伝道者」◆◆ 
     令和2年7月8日から隔週水曜日から実施します。
     現代の日本文化の原点となっている大和から江戸時代へと成長していく日本文化の
     ルーツを全 5 回を通して探ります。

     こちらです

    http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20200502kadaisiseminorseries1reviced(1).pdf

    ===PR===================================================================

     

     

     【六曜(ろくよう)】

    結婚式など行事の際に気にする方の多い「六曜」。

    六曜とは?
    「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つを「六曜」と呼び、
    現代の日本では、日にちの吉凶を占う指標として利用されています。
    六曜はもともと中国で「時間」を区切る際に使われていた考え方で、
    日本に伝承された当初も時間の吉凶を占う指標として用いられていました。

    時間を占うものとして使用されていた時代は、太陽が昇ってから落ちるまでと
    夜が始まってから終わるまでをそれぞれ3つ、計6つの時間帯に分け、
    それぞれに六曜があてはめられていたといいます。
    六曜の「曜」とは星を表した漢字で、星は金(きん=お金)をイメージさせることから、
    六曜は賭け事のタイミングを決める際によく利用されていました。
    その後、明治時代の暦改正により、現代のような「日」の吉凶を占う指標として
    利用されるようになります。

    六曜はその日に「やってはいけないこと」を考えるための指標です。
    意識する場合は、それぞれの日のNG事項を特におさえておきましょう。

    ◆先勝(せんしょう):「なるべく先まわりして行動する」と良い日とされており、
    午前中が吉、午後は凶の時間帯となります。

    ◆友引(ともびき):は「友人を引き込む」とされている日なので、結婚式の日としては
    良く、葬式をするのは特にNGとされています。朝は吉・昼は凶・夕方は吉です。

    ◆先負(せんぷ):午前中が凶で午後が小吉。
    先勝は午前中が吉と言われているので先負は午後が吉だと思われがちですが、
    先負の午後は小吉程度で特に良い時間というわけではありません。
    この日は「平常を装って吉」とされており、何事も起こらないよう無難に過ごすこと
    がおすすめの日です。

    ◆仏滅(ぶつめつ):「物が終わる(滅する)日」です。悪い日だと思われがちですが、
    この日は仏事や別れたい人との別れには良い日と言われています。

    ◆大安(たいあん):「やってはいけないことが何もない日」のこと。
    この日は大吉だと思われがちですが、「大いに安し」という意味をそのままとると
    「特に害のない日」となり、実は「小吉」のような日です。
    ただし、やってはいけないことや凶の時間帯がない分、結婚式などの長い時間帯で
    執り行われる行事はこの日にすると良いと考えられています。

    ◆赤口(しゃくこう):古来より魔物がいると考えられてきた「丑寅の刻(=午前2時~4)」の
    時間帯の六曜で、日を占うものとなった今も不吉な日とされています。
    仏滅が「物が滅する日」であるのに対し、「赤口」は全てが消滅する日と言われており、
    この日もとても怖い日です。「大凶」とも言える日ですが、正午だけは吉となります。

    ちなみに、当方が自転車事故に遭った531日は赤口でした。

     

    (トクバイニュース)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5ITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆COBIT5ガバナンス応用コース」を平成275月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内