ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第782回 「第20回配布:ガバナンスフレームワークの原則-2」

オープンコース案内

  • 第782回 「第20回配布:ガバナンスフレームワークの原則-2」

      ~ITコンサルタント養成講座~

     

       第782回 「第20回配布:ガバナンスフレームワークの原則-2」

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。。
    使用します基本情報は著作の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第20回配布:ガバナンスフレームワークの原則-2」をお届します。

     

    ◆開放性と柔軟性

    「ガバナンスフレームワークは、オープンかつ柔軟であるべきである。
    これは、完全性と一貫性を維持し、新しい内容を追加し、最も柔軟な方法で
    新しい課題に対処する能力を可能にするべきである。」と記述する。
    COBIT
    概念モデルでのガバナンスフレームワークの設計は
    いろんな事業体に活用できるよう新しい注目領域の追加または
    既存のフォーカス領域の変更が可能にすることである」と述べている。
    COBIT
    デザインガイドが設計要因によるガバナンスフレームワークの要件
    の絞り込みをガバナンスとマネジメント目標に置き、
    役割定義のコンポーネントを参考例として記述したことで、
    運用の役割を定義するコンポーネントを変形することで
    種々の状況対応を可能にした。
    このことが開放性と柔軟性を高めることになっている。
    COBIT
    デザインガイドの詳細は第3章のガバナンスシステムの設計に譲る。

     

    主要な基準に整合する

    「ガバナンスフレームワークは、関連する主要な関連基準、フレームワーク、
    規制と整合すべきである。」と記述する。
    この原則はCOBIT5ISO基準も含め、ISACA内・外のIT関連の基準や
    ガイドが統合され、COBITをベースにしたITガバナンスの設計が可能になった。
    その中で、COBIT2019のプロセスの能力レベルは
    COBIT5
    ISO/IEC15504からCMMIベースに変更されたが、
    主要関連基準との整合性を執っていることを意味している。

     

    次回は、「第21回配布:COBITコアモデル」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【処暑(しょしょ) 三候】 

     初候:綿柎開(わたのはなしべひらく)823日頃
     綿を包む柎が開き始める頃。柎とは花の萼(がく)のことです。
     柎が開き始めるとふわふわとした綿毛が中からとび出してきます。
     この綿毛が木綿の糸や布になります。

     次候:天地始粛(てんちはじめてさむし)828日頃
     ようやく暑さが静まる頃。
     天気図には秋雨前線が登場し、冷たい空気とともに秋を運んできます。
     とはいっても、日中はまだまだ暑く、夏の気候が続きます。

     末候:禾乃登(こくものすなわちみのる)92日頃(暦生活)
     日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。
     稲穂はこぼれるように実り、色づき始めます。
     しかし、この時期は台風が襲来してくる時期であり、
     各地で農作を祈るお祭りが開催されます。

     旬のもの:木槿(むくげ:花)、マツムシ(虫)、葡萄(ぶどう:果物)
     、鰯(いわし:魚)、秋の七草

       「マツムシ」:高い音域で、「チッチリリッ」と鳴くマツムシ。昔からスズムシ
      とともに鳴く虫の代表とされていました。
      秋の夜長に癒しの音色を響かせてくれます。

       「葡萄」:七草は春だけではなく秋にもあります。
      萩・桔梗・葛・藤袴・女郎花・尾花・撫子が秋の七草です。
      春の七草のように七草粥にするのではなく、観賞用として親しまれています。

    (暦生活)

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

     【立秋(りっしゅう)】 8月7日頃

      二十四節気のひとつで、この日から立冬の前日までが秋となります。
      とはいえまだまだ暑い盛りで、「暦の上では秋ですが・・・」というおなじみの
      フレーズが聞かれます。秋の気配は空から。

      暑い日が続いていても、空を見上げると、秋の兆しが見え始めます。
      空が少しずつ高く感じられるようになり、もくもくとした夏雲の上に、
      刷毛で掃いたような秋の雲が見えることがあります。

      夏の太平洋高気圧が弱まると、低気圧が日本に近づき通過していくようになり、
      このときに見られるのが、流れるような秋の雲。

     

      いわし雲、さば雲、うろこ雲などの名前がついており、いわし雲が早く出た年は、
      イワシが豊漁になるともいわれています。

     (暮らし歳時記)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内