ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第787回 「第25回配布:マネジメント目標APO3」

オープンコース案内

  • 第787回 「第25回配布:マネジメント目標APO3」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     

      第787回 「第25回配布:マネジメント目標APO3

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。。
    使用します基本情報は著作の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

      今回は、「第25回配布:マネジメント目標APO3をお届します。

     

    APO02 – 管理された戦略

    この目標の目的は、「組織のデジタル変革戦略を支援し、段階的な変化
    のロードマップを通じて目的の価値を実現する

    総合的なI&Tアプローチを使用して、それぞれの取り組みが包括的な
    戦略に明確に関連していることを確認する。チャネルやプロセスから、データ、
    文化、スキル、運用モデル、インセンチブに至るまで、組織のあらゆる側面での
    変化を実現する。」と記述している。
    この目標は、I&T戦略のロードマップを作り関係者に周知させることにある。

    実施事項は、以下の通りである。

    ・事業体の状況(業界の推進力、関連する規制、競争の根拠)と
    方向付けを理解し、ターゲットデジタル能力(I&Tのプロダクトとサービス、
    必要な能力)を定義する。

    ・現行の環境とターゲット環境の間のギャップ分析を実施し、解決のための
    戦略計画とロードマップを定義する。

    I&Tの戦略と方向付けを伝達する。

     

    APO03 – 管理されたエンタープライズアーキテクチャ

    この目標の目的は、「事業体を作り上げるさまざまな構成要素と、
    それらの相互関係および長期にわたる整備と進化をガイドする原則を表現
    し、
    業務上で、戦略的な目的のもとで、標準的で、感応性が良く、
    効率的な提供を実現する。」と記述している。
    この目標は、ビジネスプロセス、情報、データ、アプリケーション、技術の
    各アーキテクチャレイヤで構成される共通のアーキテクチャを確立する
    ことにある。それはITの構成要素に対する役割、責任分担を決め、運用体制を
    整備することである。

    実施事項は、以下の通りである。

    ・エンタープライズアーキテクチャのビジョンを開発する。

    ・エンタープライズアーキテクチャの説明用のリポジトリーを作り一元管理
    するために参照アーキテクチャを定義する。

    ・目標アーキテクチャとのギャップ分析から機会とソリューションを選択する。

    ・プログラムとプロジェクトのポートフォリオに整合したアーキテクチャ導入計画
    を定義する。

    ・エンタープライズアーキテクチャサービスを事業体内に提供する。

     

     次回は、「第26回配布:マネジメント目標APO4」を解説します。を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【秋分(しゅうぶん) 三候】 

    ◆初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)923日頃
    夏の間に鳴り響いた雷が収まる頃。
    空にはもこもことした鱗雲があらわれます。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、
    残暑も落ち着き、秋の気候へと変わっていきます。

    ◆次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)928日頃
    外で活動していた虫たちが冬ごもりの支度をはじめる頃。
    虫たちは秋冬が終わるのを、約半年間も土の中で静かに待ちます。
    そして、啓蟄の頃に再び姿を現します。

    ◆末候:水始涸(みずはじめてかるる)103日頃
    田の水を落として、稲穂の刈り入れを始める頃。
    収穫の秋まっただなかで、大忙しですが、黄金に色づいた稲穂が輝き、
    風がなびく風景はとても美しいです。

    旬のもの:松茸(野菜)、花梨(かりん:果物)、鯖(魚)、金木犀(きんもくせい:花)
     、おはぎ(行事)
    <
    > 新鮮な鯖は身が硬く、青光りしています。とくに、脂ののった鯖は
       血液をサラサラにしてくれます。
       塩焼き、みそ煮、しめ鯖、刺身など味わい方は豊富です。

    <おはぎ>秋分の日にはおはぎがお供えされます。春分の日には
    ぼた餅がお供えされますがこの二つは同じものです。
    春は牡丹が咲くので「牡丹餅」、秋には萩が咲くため「御萩」と呼ばれています

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================

     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas@axel.ocn.ne.jp

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas@axel.ocn.ne.jp

      メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         
    こちらです http://www.mag2.com/m/0000118350.html

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内