ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第795回 「第33回配布:マネジメント目標DSS06」

オープンコース案内

  • 第795回 「第33回配布:マネジメント目標DSS06」

     ~ITコンサルタント養成講座~

      第795回 「第33回配布:マネジメント目標DSS06」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     

     今回は、「第33回配布:マネジメント目標DSS06」をお届します。

     

    提供、サービスおよびサポート(DSS)は、
    セキュリティを含むI&Tサービスの運用に関しての提供と支援を扱う。
    このドメインのマネジメント目標はIT運用のデファクトスタンダードと
    言われるITILと整合性をとり、6個のマネジメント目標が定義されている。
    この中でCOBIT2019特有の活動記述があるので、取り上げ解説する。

     

    DSS06: 管理されたビジネススコントロール

    この目標の目的は、「事業体内またはアウトソースされた
    ビジネスプロセス内で処理される情報の完全性と情報資産の
    セキュリティを維持
    する。」と記述している。
    この目標は、情報コントロール要件(入力制御、スループット制御、
    出力制御)を確保するためのビジネスプロセスコントロールを定義し、
    管理および運用することである。

    実施事項は、以下の通りである。

    ・ビジネスプロセスに組み込まれた統制活動と事業体の目標と整合する。
    そのために、ビジネスプロセス活動および関連コントロールの実施を
    継続的にアセスメント・モニタリングする。

    ・情報処理を統制する。
    情報処理が有効、完全、正確、適時かつ安全であることを確保する。

    ・ビジネスプロセスの目的をサポートするために必要な役割、責任、
    アクセス権、権限レベルを管理する。

    ・ビジネス情報プロセスに対する正確性と完全性の保証を提供する
    ためにエラーと例外を管理する。

    ・情報イベントに対するトレーサビリティと説明責任を確実にする。

     ・情報のエンドツーエンドの保全を提供することで、情報資産を保護する。
      情報資産とは、電子形式の情報、物理形式の情報および通過中の情報をい

     

    次回は、「第34回配布:マネジメント目標MEA01」を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

    【勤労感謝の日】 

     勤労感謝の日とは、毎年1123日にある国民の祝日です。
     勤労感謝の日が制定されたのは、1948年。
     今から71年ほど前に法律で「勤労を尊び、生産を祝い、
     国民がたがいに感謝しあう日」として定められ、国民の祝日となりました。

     

     勤労感謝の日ができた理由・由来は
     実は、もともと新嘗祭(にいなめさい)という五穀豊穣を感謝するお祝いが、
     この祝日の由来といわれています。
     新嘗祭では
     ・農作物の恵みを感じる
     ・収穫した農作物を神様にお供えする
     ・天皇に食べて頂く
     などが行われていました。
     そのため勤労感謝の日の由来は、もともと働いている方に感謝することを目的
     にしていたわけではなく、農作物の収穫をお祝いする日だったのです。
     これは日本書紀にも記載があり、
     古くから天皇家に伝わる伝統行事なのだそうです。

    では、もともと収穫をお祝いする日だった「新嘗祭」が、
    なぜ「勤労感謝の日」に変わったのでしょうか?
    それは戦後、GHQの考えにより天皇が関わる祭日は、
    祝日として取り扱わなくなり廃止となったため。
    「勤労感謝の日」は「新嘗祭」が廃止になった代わりに、
    設けられることになった祝日なのです。

    天皇様が即位された年は「大嘗祭」になります。
    昨年がそうでした。

     

     

    (花キューピット)



    【新着情報】
    ======================================================PR============
    ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR=============================
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内