ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第799回 「第37回配布:マネジメント目標MEA04」

オープンコース案内

  • 第799回 「第37回配布:マネジメント目標MEA04」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     第799回 「第37回配布:マネジメント目標MEA04」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    今年はコロナ中心の大変な年でした。1年のご愛読ありがとうございました。

    来年はコロナも解決し、良い年を迎えられることを祈念いたします。

    メルマガは12日より開始します。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。

    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     

     今回は、「第37回配布:マネジメント目標MEA04」をお届します。

     

    MEA04: 管理された保証

    この目標の目的は、「広く認められている保証アプローチに
    基づくロードマップを使用して、組織が効率的かつ効果的な
    保証のイニシアチブを整備および開発し、計画における
    ガイダンスの提供、範囲の決定、実行および保証レビューの
    フォローアップに関する指針を提供できるようにする。」と記述している。
    この目標は、保証イニシアチブを計画し、範囲を定めて実行する。
    独立した保証レビューと保証活動を実施し、
    経営者が事業体内で適切かつ持続可能な保証を提供できる

    ようにすることである。

    実施事項は、以下の通りである。

    ・保証提供者が独立し、事業体が範囲内の機能、グループ

    または組織から独立していることを確実にする。

    ・リスクベースの保証イニシアチブの計画を策定する。
    事業体の達成目標と整合目標の相対的重要性、
    これらの目標に対する最も重要な脅威をより適切に理解し、
    リスク対策の保証計画を作成することを言う。

    ・保証イニシアチブの目的を決定する。
    保証イニシアチブの目的とはEGITの成果目標であり、

    「効果の実現」、「リスクの最適化」、「資源の最適化」の保証を

    確保することである。
     ()EGITEnterprise Governance of Information and Technology

    ・保証イニシアチブの範囲を定義付けし、
    すべてのステークホルダーと合意する。

    ・保証イニシアチブの詳細な作業プログラムを定義する。

    ・整備の有効性(コスト効率、ステークホルダーの満足度)に
    フォーカスして、保証イニシアチブを実行する。

    ・運用の有効性(内部統制に対するテスト、ステークホルダーの満足度)
    にフォーカスして、保証イニシアチブを実行する。

    ・保証イニシアチブについて報告・フォローアップする。
    報告に加え、外部コンプライアンス、および内部統制の弱点に
    関連する改善のための提言を行ない、フォローアップすることを言う。

    ・識別された識別された弱点の勧告と行動(改善活動)をフォローアップする。
     

     

    次回は、「第38回配布:達成目標のカスケード全体概念」を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【小寒(しょうかん)】 1月5日ごろ

    「寒の入り」とも呼ばれ、寒さ極まる少し手前のころ。
    節分までの期間を「寒の内」といい、
    便りはこの日から「寒中見舞い」になります。
    冬の澄み切った空気の中、夜空の星は美しく輝きます。「鏡開き」

    お正月も三が日を過ぎると、晴れやかさも落ち着き日常生活に戻っていきます。
    門松や正月飾りも七日まで。
    正月の七日までを「松の内」と呼ぶのはここからきています。
    かつては松の内は正月十五日の小正月までを指していましたが、
    現代では七日までを指すのが一般的なようです。
    そして十一日は鏡餅を下げていただく日。
    神聖なものなので、刃物で切ることは避け、木槌などでたたいて割ります。
    鏡餅は硬いので、水に浸けてからお汁粉に入れたり、
    揚げ餅にするとおいしくいただけます。

    「年神様といただくおせち料理」
    平安時代、朝廷では季節の変わり目のお祝いの日「節日(せちにち)」
    に「節会(せちえ)」という行事が行われていました。
    そこで出されるごちそうを「御節供(おせちく)」と呼んだのです。
    後に「おせち」と略されるようになり、一月一日の元旦は別格扱いとされ、
    節日の一番目にあたる正月料理を「おせち」と言うようになったといわれています。
    正月のおせちは、新しい年の神様である「年神様」への供物であり、
    それを一緒に味わうことで、一年の幸せを願います。
    めでたさを重ねるということで縁起を担ぎ、重箱に入れました。
    食材や料理も、子孫繁栄を表す数の子、勤勉さを表す黒豆、
    豊作を表す田作り、長寿を表す海老、喜ぶ(養老昆布)で昆布、
    金運を表す栗きんとんなど、
    おめでたい、縁起を担いだものになっています。
    その年の幸せを味わい、良い一年にしたいものですね。

    (二十四節気ごはんメニュー)

     
    【新着情報】
    ======================================================PR============
    ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR=============================
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内