ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第800回 「第38回配布:達成目標のカスケード全体概念」」

オープンコース案内

  • 第800回 「第38回配布:達成目標のカスケード全体概念」」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     第800回 「第38回配布:達成目標のカスケード全体概念」

      

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    明けましておめでとうございます。

    今年はコロナを退治して、活動的な年にしたいですね。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。

    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     

     今回は、「第38回配布:達成目標のカスケード全体概念」をお届します。 

    達成目標のカスケード全体概念
    カスケードの概要は前述しましたが、本節では達成目標のカスケード構造

    を簡潔に復習し、カスケードの構造と加助度のためのマッピングテーブル

    について解説します。

    達成目標のカスケード構造は図表2-6に示されているように、
    最初(最上位)に「ステークホルダーの推進力と要望」から開始します。
    カスケードの最終ステップはCOBITコアモデルで提示されるガバナンスと
    マネジメントの目標への絞り込みです。
    カスケードではガバナンスとマネジメントの目的への絞り込みになってますが、
    この目的への絞り込みが出来れば、COBITコアモデルで提示されている目標
    を特定できることになります。

    カスケードステップの全体像を復習しておきましょう。
    最上位の「ステークホルダーの推進力と要望」は、
    ステークホルダーの推進力と要望ですから、事業体に最も強い影響を与える
    顧客・市場、そして経営者の強い思いと捉えれば良いでしょう。
    2ステップの「事業体の達成目標」では顧客・市場のニーズ(要望)と
    経営・IT動向を踏まえて事業ビジョンを定義し、事業戦略を策定します。
    一般に、この目標はBSC(Balance Score Card)手法を用いて策定します。
    事業の戦略が決まると、カスケードの第2ステップで「整合目標」を策定します。
    整合目標とは事業体の達成目標をI&T(情報と技術)で統治するための
    目標をいい、EGIT3つの成果目標が達成目標になります。
    ガバナンスとマネジメント目標の上位目標でもあり、
    この目標はITBSCを用いて定義します。

    ITBSCとはBSC手法をIT分野に応用したもので、
    BSC
    4つの視点である「財務」、「顧客」、「内部業務」、「学習と成長」の
    4
    視点で必要なI&Tを発想したものです。
     整合目標は事業体の達成目標とITBSCで発想されたI&T目標との
    マッピングによって合致した目標を確定し、カスケードします。

    整合目標が設定出来ると、第4ステップで「ガバナンスとマネジメントの目的」
    へカスケードです。


    目的ですから、整合目標の達成に向けて「何をやるべきか」に絞り込むこと
    になります。この目的に絞り込めば、COBITコアマップにI&Tガバナンス
    システムのガバナンスとマネジメントの目標が定義されているので、
    マッピングによって整合目標に対する各目標に容易に絞り込むことができます。

    COBIT2019の特徴は各段階の目標を定義しカスケードできるとしたことです。
    確かに、最上位にある事業体の戦略目標では物理的な要素、
    例えば、具体的な商品や市場名を外した戦略や目標であれば、
    一般化し定義できるのです。また、I&Tガバナンスの整合目標やガバナンス
    とマネジメント目標もIT分野の活動ですから標準的目標や活動の定義は
    可能になります。

    COBIT2019では企業や事業体毎に変わる物理的要素は標準的目標や
    活動の定義をコンポーネントで修正して行けば良いと捉えています。

    このように各目標を定義できるとすれば、カスケードする側とされる側の
    両者の関係はその関係をマッピングすることで構造化できることになります。
    その橋渡しの媒体がマッピングテーブルです。

     次回は、「第39回配布:事業体の達成目標」を解説します。

      

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【小寒(しょうかん) 三候】 

    ◆初候:芹乃栄(せりすなわちさかう)15日 
    芹が生え始める頃。芹は春の七草のひとつで、冷たい水辺で育ちます。
    一箇所から競り合って生えていることから、芹(セリ)という名前になりました。

    ◆次候:水泉動(しみずあたたかをふくむ)110日頃
    地中で凍った泉の水が溶け、動き始める頃。まだまだ空気は冷たく、
    寒い時期ですが、春に向けて少しずつ動き出しています。

    ◆末候:雉始雊(きじはじめてなく)115日頃
    雉が鳴き始める頃。雄が雌への求愛のしるしとして
    「ケーンケーン」と甲高い声で鳴きます。
    足の裏で震動を敏感に察知することができ、
    数秒早く地震を知らせることができます。

    ◆旬のもの:蝋梅(ろうばい:花)、柊(ひいらぎ:木)、河豚(フグ:魚)
    、七草粥(ななくさがゆ:野菜)、十日戎(とうかえびす:行事)
    *七草粥:無病息災を願い、17日に春の七草(セリ、ナズナ、
       ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の
      入ったお粥を食べます。
      年末年始で弱った胃を優しくいたわってくれます。

    *十日戎:七福神の一人である「戎神」を奉る、年初めのお祭りです。
    参拝者は笹に小判や米俵などの縁起物をつけ、商売繁盛を
    願います。また、福を集める熊手やざるなども売られています。

    (暦生活)

     
    【新着情報】
    ======================================================PR============
    ◆IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆「ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成29年4月1日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/post-22.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆
       試験対策本⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース⇒ http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR=============================
    ◆出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆新刊本「図解 COBIT5のITガバナンス解説 第3版」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit5it.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
    ◆◆「COBIT5ガバナンス応用コース」を平成27年5月から開催します。◆◆
     こちらです
     ⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30cobit5.html
    ===PR==============================================================

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT5ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

     

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内