ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第801回 「第39回配布:事業体の達成目標」

オープンコース案内

  • 第801回 「第39回配布:事業体の達成目標」

     ~ITコンサルタント養成講座~

     

     第801回 「第39回配布:事業体の達成目標」  

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    明けましておめでとうございます。

    今年はコロナを退治して、活動的な年にしたいですね。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第39回配布:事業体の達成目標」をお届します。 


    事業体の達成目標

    「事業体の達成目標」には13個の達成目標が定義されています。
    BSC
    手法を使って4つの視点で事業体の達成目標をまとめています。
    当然、個々の達成目標には評価指標例が記述されているがここでは省略します。

    *財務の視点の達成目標
    EG01:競争力のある製品
    ・サービスのポートフォリオ
    EG02:業務上のリスク管理
    EG03:外部の法令および規制への準拠
    EG04:財務情報の品質

    *顧客の視点の達成目標
    EG05:顧客志向のサービスを提供する文化
    EG06:ビジネス-サービスの継続性と可用性
    EG07:経営情報の品質

    *内部業務の視点の達成目標
    EG08:内部ビジネスプロセスの機能の最適化
    EG09:ビジネスプロセスのコストの最適化
    EG10:スタッフのスキル、動機、生産性
    EG11:内部ポリシーへの準拠

    *学習と成長の視点の達成目標
    EG12:管理されたデジタルトランスフォーメーションプログラム
    EG13:製品およびビジネスイノベーション

    事業体の達成目標の表記を見て分かるように、
    標準的な戦略目標として表現した上位レベルの目標の括り記述です。
    どこにでも当て嵌まる達成目標記述です。
    個々の企業体の戦略はこれらの目標の中での重点、或いはこれらの

    目標をより細分化し、物理的要件の入った戦略記述になると思われます。
    しかし、この方針レベルでの目標表現であればすべての戦略を
    包含できると思われます。

    次に、整合目標を見てみましょう。

     

     

    次回は、「第40回配布:整合目標」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【大寒(だいかん)】 120日―23

    二十四節気が小寒から大寒に変わり、
    一年で最も寒さが厳しくなる頃となりました。 
    大寒は、冬の季節の最後の節気。
     
    春は目前ながら、ますます寒さ厳しいこの頃は、
    寒稽古や寒垢離 (かんごり)、寒念仏 (かんねぶつ) など
    の寒行が行われます。


    一方で、昔から日本では、この寒気を利用して
    様々な食べ物を仕込んできました。
     
    寒風にさらして作る凍み豆腐や寒天などの乾物。
    そして、酒や醤油や味噌などの発酵食品。
     
    特に、この寒の時期に汲んだ水は「寒の水」と呼ばれ、
    寒さと乾燥のため雑菌が少なく腐りにくいとされることから、
    清らかな水が必要な酒や味噌を仕込むのに用いられてきました。
     
    大寒の最後の日が節分で、翌日24日は
    立春です。
    これからは、日が次第に長くなり、少しずつ暖かくなっていきます。
     
    「三寒四温」という言葉のように、
    厳しい寒さが3日続くと、その後の4日は暖かくなり、
    寒い中にも少しだけ春の気配を感じられます。

     

    (暮らしのほとり舎)

     

    【重点コース】
    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成27年1月5日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成26年8月から開催◆◆ 
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    =====================================================PR============
     ◆◆新コース「新ITガバナンス入門」(COBIT2019ベース)を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-10.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業の事業課題分析基礎」コースを実施します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】
     ★今までの全てのメルマガバックナンバーを閲覧できるようにしました。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/mail-mag/mail-mag/
     ★弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     ★弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     ★お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。⇒ http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=

    【協業パートナー募集】
     ◆弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります
         弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         お問い合わせは、こちらです⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
     ◆弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。 ⇒ inouemas@axel.ocn.ne.jp
      ★メルマガの配信停止は次のURLをご参照ください。
         こちらです⇒ http://www.mag2.com/m/0000118350.html

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内