ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第804回 「第42回配布:ガバナンスとマネジメント目標へのカスケード」

オープンコース案内

  • 第804回 「第42回配布:ガバナンスとマネジメント目標へのカスケード」

      ~ITコンサルタント養成講座~

      第804回 「第42回配布:ガバナンスとマネジメント目標へのカスケード  

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、第42回配布:ガバナンスとマネジメント目標へのカスケードをお届します。 


     ◆ガバナンスとマネジメント目標へのカスケード

    このように、マッピング手法を使って次の下位目標である
    「ガバナンスとマネジメント目標」にカスケードします。
    ここで使用するマッピングテーブルは「整合目標-ガバナンスと
    マネジメント目標のマッピングテーブル」(図表2-10)です。

    図表2-10http://www.ism-research.com/common_uploaded_files/file/20210110COBIT2019figure2-10.pdf

     

    このマッピングテーブルでは、最上段の行にI&Tガバナンスの
    13
    個の整合目標が左から右方向に配列されています。
    左側の第1列にはCOBITコアモデルの5つのドメインのI&Tのガバナンス
    とマネジメントの目標が上から下へ40項目配列されます。
    これらのガバナンスとマネジメント目標はガバナンスシステムの
    全社的活動目標を表す5つのドメインで構成されるCOBITコアモデルの
    目標項目です。


    この目標はEGITEnterprise Governance of Information and Technology)の
    3
    つの成果である「効果の実現」、「リスクの最適化」、「資源の最適化」を
    達成目標として、EDMドメインがガバナンスシステムの方向性を示しています。
    したがって、マネジメント目標はEDMドメインを上位目標として
    4
    つのドメインがカスケードし定義されたことになる。とういうことは、
    このマッピングテーブルは事業体の達成目標のI&Tの方針が
    ガバナンスシステムの構成要素に関係づけられることを意味する。
    マッピングテーブルの見方は「事業体の達成目標 — 整合目標マッピングテーブル」
    と同様です。


    当図表で参照すると、整合目標の「AG01:外部の法令と規制に対する
    I&T
    コンプライアンスとビジネスコンプライアンスへの支援」は
    ガバナンス目標の「EDM01:ガバナンスフレームワークの設定と維持の確保」に
    強い関係の‘P’が表示されているので、このガバナンス目標にカスケードされる
    ということになります。
    また、整合目標の「AG02I&T関連リスクの管理」はDSSドメイン目標の
    DSS05:管理されたセキュリティ サービス」に強い関係の‘P’が表示されているので、
    このガバナンス目標にカスケードされるということになります。

     

    以上の2つのマッピングテーブルの使用によって、
    事業体の達成目標を選定すると、この達成目標はI&Tの方針である整合目標に
    カスケードされ、整合目標が特定できる。
    整合目標はCOBITコアモデルの5つのドメインにある重点のガバナンスと
    マネジメント目標にカスケードされ、その重点目標が自動的に特定できることになります。

     

    回は、「第43回配布:ガバナンスシステムのコンポーネント全体像」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【立春(りっしゅん) 三候】 

     ◆初候:東風解凍(はるかぜこおりをとく)24日頃
     暖かい春の風が、冬の間張りつめていた氷を解か
     し始める頃。いよいよ春の暖かい足音が聞こえ始めてきました。

     ◆次候:黄鴬睍睆(うぐいすなく)29日頃
     「ホーホケキョ」と、ウグイスが馴染みのある美しい鳴き声で、
     春の到来を告げる頃。その年の一番初めに聞く
     ウグイスの声を「初音(はつね)」といいます。

     ◆末候:魚上氷(うおこおりをいずる)214日頃
     春の暖かさで湖や川の氷が割れ、氷下で泳いで
     いた魚が氷の上に跳ね上がる頃。温かくなった
     水の中に、ゆらゆら泳ぐ魚の姿がよく見え始めます。

     ◆旬のもの:蕗の薹(ふきのとう:野菜)、初午(行事)、梅の開花(兆し)
    、めじろ(野鳥)

    初午初午は、立春を迎えて初めに訪れる午の日。
    古来より、この日に稲荷詣をするならわしが
    ありました。初午は、豊作祈願と稲荷信仰が
    結びついたもので、この日京都の伏見稲荷神社
    はお祭りで賑わいます。

    梅の開花いち早く春の訪れを知らせる梅の花は、
    1月下旬から5月上旬まで、約3ヵ月かけて、ゆっくりと
    日本列島を北上します。まだ寒い早春を彩る梅の花は、
    古来から数々の歌に詠まれ、春の到来を待ちわびる
    歌人に愛されてきました。
    梅一輪いちりんほどのあたたかさ  嵐雪

     

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内