ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第806回 「第44回配布:ガバナンスシステムのコンポーネントー1」

オープンコース案内

  • 第806回 「第44回配布:ガバナンスシステムのコンポーネントー1」

      ~ITコンサルタント養成講座~

      第806回 「第44回配布:ガバナンスシステムのコンポーネントー1」  

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。
      ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
      の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第44回配布:ガバナンスシステムのコンポーネントー1」をお届します。 


    1.プロセス
    プロセスはプロセスに設定された目標を達成し、さらに全体的なIT関連目標
    の達成を支援してアウトプットを生成する役割がある。

    そのことはプロセスがガバナンスとマネジメント目標の定義の中核の

    コンポーネントであることを表しています。
    プロセスの定義はガバナンス目標ではガバナンス実践の業務プロセスを

    定義し、マネジメント目標ではマネジメント実務の業務プロセスを定義します。

    定義した業務プロセスは成果目標としての評価指標(KPIKey Performance

     Indicator)を設定する。さらに、この業務プロセスは活動(アクティビティ)

    という作業レベルに細分化し、業務プロセスのKPIが設定されるため、

    そのKPI達成するための活動に必要な能力レベルが設定されることになる。

     

    2.   組織構造
    組織構造というのは、業務プロセスを実施する上での事業体の

    重要な意思決定機能です。ガバナンスシステムにおいては当該プロセスを

    実施するためのユーザー部門のビジネスとIT室などのIT機能の

    両方からの個々の役割と組織構造が含まれます。

    後述しますが、RACIチャートでプロセス実施上の組織の役割を定義します。

    そのRACIチャートの役割とは、業務プロセスを誰が実行責任を持つか

    RResponsible)、誰が最終責任である説明責任を有するか(A:Accountable)、

    誰が相談相手や協議先か(C:Consulted)、誰が報告を受けるのか(I:Informed

    を定義し、一覧性を以て組織間の役割を提示することです

     

    回は、「第45回配布:ガバナンスシステムのコンポーネントー2」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【雨水(うすい) 三候】 

    この時に降る雨を「甘雨(かんう)」といいます。
    やわらかく降りそそぐこの雨は、穀物や草花の成長を助けてくれます。


    ◆初候:土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)218日頃
      冷たい雪が暖かい春の雨に代わり、大地に潤いをあたえる頃。
      寒さもゆるみ、眠っていた動物も目覚めます。

    ◆次候:霞始靆(かすみはじめてたなびく)223日頃
    霧やもやのため、遠くの山や景色がほのかに現れては消え、
    山野の情景に趣が加わる頃。春に出る霧を霞(かすみ)と呼び、
    夜の霞は朧(おぼろ)と呼ばれます。

    ◆末候:草木萌動(そうもくめばえいずる)228日頃
    足もとや庭木の先にほんのりと薄緑に色づく芽が見られる頃。
    やわらかい春の日差しの中、草木が芽吹き、新しい命が生まれます。

    ◆旬のもの:春キャベツ(野菜)、霞と霧(ことば)、蛤(はまぐり:魚介)
    、辛子菜(からしな:野菜)

    霞と霧違いがわかるようで、わからないのが霞と霧。
    目で見る限りにはわかりません。霞は春の季 語、
    霧は秋の季語とされています。霞は「たなびく」と使いますが、
    霧には使いません。霧は「たちのばる」と使います。

    雛祭りや結婚式には欠かせない縁起のよい貝です。
    蛤の二枚の貝殻は対のもの以外とは合わないことから
    夫婦和合の象徴とされ、祝事に用いられる食材となりました。

     

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内