ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第809回 「第47回配布:コンポーネントとカスケードの関係」

オープンコース案内

  • 第809回 「第47回配布:コンポーネントとカスケードの関係」

     ~ITコンサルタント養成講座~

      第809回 「第47回配布:コンポーネントとカスケードの関係」

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。
      ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
      の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

    今回は、「第47回配布:コンポーネントとカスケードの関係」をお届します。 

     

    7つのコンポ―ネットの役割をコンポーネントとカスケードの関係から
    その位置づけを捉えてみましょう。
    達成目標のカスケードで事業体の達成目標からガバナンスとマネジメント
    の目標までのカスケード手順を見てきた。この目標を実践するための役割定義が
    7
    つのコンポーネントでした。
    このコンポーネントの定義は「プロセス」コンポーネントを中核にしており、
    その定義が起点になります。7つのコンポーネントの定義ステップの位置づけから
    抑えてみましょう。 

    最初に、ガバナンスとマネジメント目標のプロセス、ガバナンス実践とマネジメント
    実務(以降業務プロセス)に展開し、その業務プロセスの目標KPIを定義します。
    そして、プロセスは作業事項である活動(アクティビティ)に詳細定義し、
    その活動に求められる作業者の能力レベルをスキルレベルとして定義します。
    このもとに、業務プロセスを実施する上でのコンポーネント「組織構造」を
    RACI
    チャートで定義し、業務プロセスに対する組織の役割分担を明確化し、
    コンポーネント「情報のフローと項目」で業務プロセスに必要なインプット(入力)
    情報とアウトプット(出力)情報を定義します。

    業務プロセスの情報フローと役割が決まると、コンポーネント「人材、スキル、
    および能力」でガバナンス目標またはマネジメント目標を達成するために
    必要な人的資源およびスキルを識別し、スキル育成・確保のための
    関連ガイダンスを提示します。

    さらに、業務プロセスの実施のためのコンポーネント「原則、ポリシーと手続」
    に関する詳細な指針を提供し、日々のマネジメントのための実践ガイドライン
    を提示する。そして、実施組織、組織行動に望ましい文化的要素を「文化、
    倫理、および行動」コンポーネントで指針を示し、最後に、このプロセスで
    活用すべきアプリケーションシステムなどを「サービス、インフラストラクチャ、
    およびアプリケーション」コンポーネントで提示する。

    ガバナンスとマネジメントの目標定義を7つのコンポーネントで論理的に整理し、
    サンプルとして標準定義したことはCOBIT2019の特徴の一つである。
    この定義によって、COBIT2019は独自の特徴を持つ事業体へも
    COBIT
    コアモデルの派生的対応に関して、コンポーネント定義で対応を可能に
    したのである。COBITコアモデルでは述べてきたステップ順にコンポーネントの
    定義の標準サンプルを提供している。

     

    次回は、「第48回配布:コンポーネントの定義例」を解説します。 

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR=================================================================== 

     

    【春分(しゅんぶん)】 320日ごろ

    二十四節気のひとつ「春分」は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、
    この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。
    「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日でもあります。

    春分の日の前後3日間、合計7日間は春の彼岸(春彼岸)といい、
    先祖の墓参りをする習慣があります。
    仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、
    太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、
    あの世とこの世が最も通じやすい日と考えられ、
    春と秋の彼岸にお墓参りをするようになったのです。

    春の彼岸には「ぼたもち」。
    彼岸のお供え物といえば「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、
    漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」となり、春は牡丹、秋は萩と、
    季節の花にちなんだ名前で呼ばれています。


    また、餡の材料となる小豆は秋に収穫されるので、
    秋のおはぎには小豆を皮ごと用いた粒餡が用いられ、
    春のぼたもちには固くなった小豆の皮を取った
    こし餡が用いられました。
    いまでは、いろいろとアレンジされたぼたもちやおはぎがあります。

     

    (暮らし歳時記)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内