ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第813回 「第51回配布:ガバナンスとマネジメント目標の定義の記述形式―3」

オープンコース案内

  • 第813回 「第51回配布:ガバナンスとマネジメント目標の定義の記述形式―3」

      ~ITコンサルタント養成講座~

      第813回 「第51回配布:ガバナンスとマネジメント目標の定義の記述形式―3」

      皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。
      ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
      の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

    今回は、「第51回配布:ガバナンスとマネジメント目標の定義の記述形式―3をお届します。 

    コンポーネント「プロセス」の定義が終わるとそれぞれのプロセスに対して
    コンポーネント「組織構造」の定義をします。RACIチャートが活用されます。

    RACIチャートの役割とは、マネジメント実務(業務プロセス)「APO02.n」の
    活動を行うために、マネジメント実践の業務プロセスを実施する役割を組織に
    割り当てることです。

    RACIチャートの構造は図表の上段の組織構造を左から右へ記述します。
    そして、左欄に主要マネジメント手法と記述されているのはサンプル定義
    されているマネジメント実務の中から整合目標達成に必要とされる
    マネジメント実践(業務プロセス)をコンポーネント「プロセス」定義から選択して、
    記述します。

    参照図表ではAPO02.01からAPO02.06が選択され、定義されています。
    組織構造と主要マネジメント手法のマトリクスの交差するマス目に役割が
    記述されます。
    マネジメント実務(業務プロセス)の実行責任を誰が持つか(RResponsible)
    最終責任である説明責任を誰が有するか(A:Accountable)、
    誰が相談相手や協議先か(C:Consulted)、誰が報告を受けるのか(I:Informed
    を頭文字RACIでマークして役割を決めていきます。

    たとえば、マネジメント実践「APO02.01 事業体の状況と方向付けを理解する。」
    を取り上げますと、説明責任(A)は最高情報責任者(CIO) 、実行責任者は
    最高技術責任者(CTO) からプライバシー責任者まで12名が割り当てられています。

    参照図表で、‘I’と’C’がマークされてないのはマネジメント目標の
    APO02-管理された戦略」がI&Tの戦略であり、経営者の主幹事業で
    あるためにIInformed:報告)や C(Consulted:協力部門)が記されていないと
    思いますが、企業や事業体によっては‘I’や‘C’は当然、マークされると思います。

     次回は、「第52回配布:フォーカス領域(概説)」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

     

     

    【穀雨 (こくう)】 4/205/4

    二十四節気が清明から穀雨へと変わり、
    穀物に実りをもたらす雨が
    しっとりと降りそそぐ頃となりました。
    穀雨の頃は、茶摘みが始まるお茶農家や、
    苗代を仕込む米農家にとって大事な時季です。

    春の柔らかな雨に大地は潤い、
    新芽や若葉はぐんぐん育っていきます。
    若葉萌える新緑の季節、
    木々の緑も雨上がりは一層色鮮やかです。

    「清明になると雪が降らなくなり、
    穀雨になると霜が降りることもなくなる」
    という言葉がありますが、
    変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、
    次第に日差しも強まりはじめます。

      穀雨は、春の最後の二十四節気。
    季節は既に晩春となり、徐々に夏へと移り変わっていきます。
    5
    5日頃から二十四節気は「立夏」となり、
    暦の上では早くも夏の始まりです。

     

     (暮らしのほとり舎)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内