ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第818回 「第56回配布:フォーカス領域(クラウドコンピューティング)」

オープンコース案内

  • 第818回 「第56回配布:フォーカス領域(クラウドコンピューティング)」

    ~ITコンサルタント養成講座~

    第818回 「第56回配布:フォーカス領域(クラウドコンピューティング)」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。
     

     

     今回は、「第56回配布:フォーカス領域(クラウドコンピューティング)」をお届します。 

     

    デジタルトランスフォーメーションでのクラウドコンピューティングの効用を
    述べましたが、クラウドコンピューティング自身がIT化の進展によって大きな変化を
    遂げようとしています。

    2世代のクラウド2.0という概念です。IDC Japan()ではクラウド2.0には
    多様なビジネスニーズに対応するための要素が組み込まれていき、
    これらの要素を統合した概念としてクラウド20を捉えている。

    1.Trusted(高信頼):DXのように義業の主要業務が移行するとなるとクラウドの
    信頼性が問われることになることからこの要素の整備が必須になる。

    2.Concentrated(寡占化):IoT対応やAIのような特定機能に集中化したクラウドが
    出てくる。つまり、要求機能に特化したクラウトシステムの整備が必要になる。

    3.Intelligent(インテリジェント):AIに表されるようなビッグデータ分析と絡むような
    環境をユーザーがそれぞれ整備することは困難です。特定型AIを装備した
    クラウドへの依存が進むと思われる。

    4.Distributed(分散):多様化するユーザーの要求する事象ごとに対応する
    異なったクラウド形態が整備されていくことになる。例えば、 

     *ハイブリッド化への進化が進みます。
    ワークロードごとに複数のクラウドを利用するマルチクラウドが一般化し、
    複数のクラウドを統合的に運用・管理するハイブリッドクラウドへの進化が
    進むことになります。

    *クラウドの分散配備が進みます。
    ハイブリッド、プライベイトクラウドといった「データセンター」の配置だけでなく、
    IoTゲートウェイといったエッジコンピューティングが含まれる。

    *ワークロード特化型のコンピュートインスタンスが増加する。
    コンピュートインスタンスとは仮想コンピュータ(VM)による異なった
    機能の実装が進むということです。たとえば、AIに対応しコンピュート
    インスタンスやIoTエッジに適したコンピュートインスタンス
    ARMアーキテクチャなど)など多様化が進むということです。

    PaaS活用の増加が見込まれます。
    システム/アプリケーションの開発・運用を求める要件がスピーディーで
    スモールスタートが可能で、柔軟性のある変更・拡張・更新があることが
    求められることから、ユーザー要求に合わせディジタルトランスフォーメーション
    やマイクロサービスに対応したPaaS活用が増大する。

     

    次回は、「第57回配布:フォーカス領域(DevOps)」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
     ===PR===============================================

     

     

     【小満(しょうまん)】 521

      二十四節気の解説に度々用いられる暦便覧を紐解くと、
      小満の欄には、「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」
      とあります。

      「盈満」は、「物事が満ちあふれること。また、そのさま」という
      意味を持っています。(goo辞書より)

      全てのものが満ちあふれると、草木に枝葉が茂る」
      直訳するとこんな風になりますが、
      これでは何がなんだか解りません(汗)
      もう少し解かり易くすると、「陽気がよくなり、草木などの生物が
      次第に生長して生い茂る」

      つまりは、
      「全てのものがしだいに成長して、天地に満ち始める頃」を、
      表した言葉です。
      また、農耕を主としていた時代には、秋にまいた麦の種などが、
      ちょうど穂をつける時期でもありました。
      穂が出始めた麦を見て「今年は順調に育っている」と、
      ほっと一安心(少し満足)したのだそうです。

      そんなところから、小満と言われるようになったという説もあります。
      古い時代において、農作物の出来具合は、生死に関わるほど
      重要なものでした。
      もう少しで収穫を迎える作物を目にすることで、「良かった・・・」と、
      胸を撫で下ろす時期だったのでしょう。

     (いい日本発見)

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

     

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。


             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★
                (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                 ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                       代表 井上 正和
                     e-Mail:inouemas@axel.ocn.ne.jp
                    URL:http://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================★

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内