ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第826回 「第64回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―1」

オープンコース案内

  • 第826回 「第64回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―1」

     
      第826回 「第64回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―1」

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。  

    今回は、「第64回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―1」をお届します。  

     

      COBIT概要図では、左側にCOBITコアモデルがあり、

     

    右側にデザインファークフローが記述されています。
    設計要因を使ったデザインフローは左側の標準として定義された
    COBIT
    コアモデルのガバナンスとマネジメント目標に対して、
    事業体の個々の戦略をデザインファクターとして与え、
    COBIT
    コアモデルにあるどの目標要因に注力すべきなのかを
    段階的な設計手順を示したものです。
    COBIT
    デザインガイドはこの設計手法を解説したもので
    デザインファクターのデザインワークフローを3ステップで進める手順が
    まとめられています。第1章で概要は述べていますが、
    復習の意味を兼ねて整理します。

    ◆第1のステップは、「ガバナンスシステムの初期範囲」といい、
    事業戦略や達成目標等の事業体の4つの基本戦略事項
    に対する分析です。
    4
    つの基本戦略事項であるデザインファクターは
    「事業体戦略」、「事業体の達成目標」、「リスクプロファイル」、
    I&T関連課題」です。
     

     

    ◆第2ステップは、「ガバナンスシステムの範囲の絞り込み」と表現して
    いますが、それぞれの事業体特有でI&Tガバナンスに影響を与える
    戦略要因7項目を与え、第1ステップの結果に加味して分析され、
    強化すべきガバナンスとマネジメント目標が提示します。
    戦略要因7項目は「脅威環境」、「コンプライアンス要件」、「ITの役割」、
    「ITソーシング(IT調達)モデル」、「IT導入方法」、「技術採用戦略」、
    「事業体規模」です。

    ◆第3ステップでは、第2ステップまでで分析・提示された結果が
    実態に即しているかの検証やより強力に推し進めたい点等の
    矛盾を考慮し、対処するガバナンスとマネジメント目標の重要度
    を補正する。特に、事業体の事情によってはフォーカス領域の対処は
    このステップでの調整を必要とし、デザインを終了する。
     

     

    以上の3ステップでの設計要因のガバナンスシステムに与える影響を次に整理します。 

    次回は、「第65回配布: デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―2」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================

     

     

     

     

    【盂蘭盆会(うらぼんえ)とは】 715

    お盆は、古くは旧暦7月15日を中心に行われており、
    正式名称を“盂蘭盆会(うらぼんえ)”といいます。
    聞きなれない言葉に少し戸惑いますが、実は古代インドの
    サンスクリット語の「ウラバンナ」を語源としており、
    “逆さ吊り”という意味を持っています。

    お釈迦様の十大弟子の一人である目連(もくれん)は、神通力の持ち主。
    ある時、その力で自分の亡き母親が飢鬼道(がきどう)に
    落ちて苦しんでいるのを見つけます。常に飢えと渇きに苦しみ、
    逆さ吊りにされている姿を不憫に思い、
    何とか助けようとお釈迦様に相談をしに行きました。
    お釈迦様は、「7月15日に90日間の修行を終えた修行僧たちが
    集まるので、たくさんのご馳走をふるまい供養しなさい」と説きます。
    目連がその教えを実践すると、その功徳によって、
    母親は極楽往生が遂げられたといいます。

    さらにお釈迦様は、「7月15日に色々な飲食を盆にもって、
    大勢の人たちに供養すれば、その功徳によってご先祖様が
    苦しみから救われ、今生きている人も幸福を得ることができる」
    と述べます。これがきっかけで、人々はこの時期に盂蘭盆会の
    行事を行うようになりました。

    それが日本に伝わり、古くからあった祖霊信仰と結びつき、
    現在の形になります。
    日本では昔から、死者や精霊を「みたま」として祀るだけではなく、
    生きている両親を「生き身魂(いきみたま)」といい、
    両親にもご馳走をお供えしていました(贈答とする場合もあります)。
    「お盆」とは、それらを乗せて“お供えした器”に由来するという
    説があります。

    両親を「生き身魂(いきみたま)」として、贈り物を捧げる習俗とも
    融合していき、現在のお中元へつながったと考えられています。

    (霊園・墓石のヤシロ)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内