ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第828回 「第66回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―3」

オープンコース案内

  • 第828回 「第66回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―3」

     第828回 「第66回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―3」

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。  

     今回は、「第66回配布:デザインファクター(設計要因)の全体概念とその影響―3」

    をお届します。

     

      「具体的なフォーカス領域」への影響は、「脅威のランドスケープ、
    具体的なリスク、ターゲット開発方法、インフラストラクチャの設定など、
    いくつかの設計要因によって、COBITコアモデルの内容を具体的な
    コンテキストに合わせて変更する必要性
    が高まる」と記述する。
    フォーカス領域は事業体の特殊事情やI&Tの最新技術動向に関係する
    ものがある。COBITコアモデルにあるガバナンスマネジメント目標の
    プロセスやプロセス活動に対する変更をする場合が出てくることがあること
    を述べている。

     ()コンテクストとは、「文脈」と翻訳されますが、経験や培った知見による判断や行動の実態を
    いいます。

    以上の分析のためにCOBITデザインガイドに基づいて設計ツールキット
    が提供されています。この設計ツールキットがガバナンスシステムに必要な
    ガバナンスとマネジメント目標に優先度を提示する。
    そのため、デザインワークフローの各ステップのデザインファクターの設定内容
    の理解が必要になる。

     

    次回は、「第67回配布: 初期範囲のデザインファクター」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================

     

     

     

     

    【大暑(たいしょ) 三候】 

    ◆初候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)723日頃
    桐が花を咲かせる頃。
    盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。
    桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が
    好んだ花であり、現在も日本国政府の紋章として使用されています。

    ◆次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)728日頃
    熱気がまとわりつく蒸し暑い頃。
    私たちは、この暑さを打ち水などでしのぐことしかできませんが、
    木や草花は緑をますます濃くして夏を歓楽しているようです。

    ◆末候:大雨時行(たいうときどきふる)82日頃
    夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。
    きれいな青空に湧き上がる入道雲は、夕立を教えてくれます。
    雲の頭が坊主頭に見えることから、入道雲と呼ばれています。

    ◆旬のもの:白粉花(オシロイバナ:花)ゴーヤ(野菜)
    カブトムシ(虫)、金魚(魚)、ねぶた祭(行事)

    白粉花黒い種の中にある白い粉を、少女たちが
    おしろい代わりにして遊んでいたことから、
    この名前がつきました。花は夕方に開き始め、
    翌朝にしぼんでしまうことから、夕化粧とも
    呼ばれています。

    ねぶた祭祭りの始まりは、夏の盛りにおそってくる
    眠気をあっちに行け!と、睡魔を船や灯籠に乗せて
    川に流したことと言われています。
    現在は、たくましい武者の絵が描かれた灯籠が
    町を練ります。

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内