ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第831回 「第69回配布:デザインファクター2:事業体の達成目標ー1」

オープンコース案内

  • 第831回 「第69回配布:デザインファクター2:事業体の達成目標ー1」

      第831回 「第69回配布:デザインファクター2:事業体の達成目標ー1」

       皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。  

    今回は、「第69回配布:デザインファクター2:事業体の達成目標ー1」をお届します。 

     

    事業体戦略は一連の事業体の達成目標の達成によって実現される。
    デザインファクターの観点で捉えると、事業体の達成目標の上位に
    事業体戦略があります。その目標設定が事業体の達成目標ですから、
    事業体の達成目標は事業体戦略の達成度合いを表すことになります。
     最も、ITガバナンスシステムの達成目標はEGITEnterprise
     Governance of Information and Technology
    )の3つの成果である
    「効果の実現」、「リスクの最適化」、「資源の最適化」をもとに整合目標に
    目標展開されています。従って、事業体の達成目標から整合目標へは
    マッピングによってカスケードされます。

    事業体の達成目標はBSC手法の4つの視点で標準的な戦略目標に
    まとめられていますので、整合目標の上位にある事業体戦略の達成目標
    としても違和感のあるものではありません。

    この事業体の達成目標に対して重要度を設定することで、
    事業体の達成目標-整合目標のマッピングテーブルと
    整合目標-ガバナンスとマネジメント目標のマッピングテーブルを
    用いてカスケードされ、対象となる重要ガバナンスとマネジメント目標
    が相対的重要度をもって提示されます。
    この選定はCOBIT2019が提供する設計ツールキットによって行われます。

    COIT2019
    のガイド資料では事業体の達成目標の優先度の設定例を
    表示しています。事業体は各達成目標に対してレベル1から
    最上位のレベル5までの重要度を設定することで、設計ツールキットは
    重要となるガバナンスとマネジメント目標の優先度の識別をすることになります。
    この図表の事業体はEG12(管理されたデジタルトランスフォーメーション
    プログラム)とEG13(製品およびビジネスのイノベーション)の
    重要度が‘5’なので最大の重点を置いていることが分かります。
     

     

     

    次回は、「第70回配布: デザインファクター2:事業体の達成目標ー2」を解説します。

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒ 
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================
     

     

    【五節句の文化】 

    昔はたくさんの節句がありましたが、このうち現代に伝わる五節句は、
    江戸時代に幕府がそれまでの節句をもとに公的な祝日として制定し
    日本かされました。

    これらはお正月の七草、3月の上巳(じょうし/じょうみ)の桃、
    5
    月の端午(たんご)の菖蒲、7月の七夕の竹、そして9月の重陽(ちょうよう)
    の菊と、必ず季節の草や木に彩られるのが特徴となっています。

    それぞれの節句には独自の意味がありますが、いずれもその季節に
    見合った供物を神に捧げ、のちに人々がその供物を共に飲食する点は
    共通しています。「節句」が「節供」とも書かれるのもこのためです。
    昔の人々にとって、節句は一種の民間の神事であると同時に、
    祈りを共にすることで人々の絆を深める行事であり、日常の雑事を忘れて
    身体を休め、日頃あまり口にできない滋養のあるものを食べて
    鋭気を養う貴重な機会でもあったのです

    17日 人日(じんじつ) 七草の節句
    一月七日の朝に春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ
    、スズナ、スズシロ)の入った七草粥を作り、ようやく芽吹いた春の
    七草の「気」をいただき、その一年の無病息災を願って食べます。        

    33日 上巳(じょうし/じょうみ) 桃の節句・ひなまつり
    誕生した女児を祝福し、健やかな成長を願う、親から子、孫への
    愛情の節句。雛人形を飾り、菱餅や桃の花も添えて、ちらし寿司や、
    白酒などで宴を催します。

    55日 端午(たんご) 菖蒲の節句
    誕生した男児を祝福し、健やかな成長を願う、親から子、孫への
    愛情の節句。鎧兜や人形を飾り、鯉のぼりを掲揚して、粽や柏餅に
    菖蒲の花を添えて宴を催します。

    77日 七夕(たなばた/しちせき)祭
    日本古来の豊作を祈る祭りに、女性が針仕事などの上達を願う
    中国伝来の行事などが習合したものと考えられています。
    江戸時代以降は一般庶民にも広がりました。願い事を書いた
    短冊などを笹竹に付けて立てます。

    99日 重陽(ちょうよう) 菊の節句
    中国から伝わった重陽節が江戸時代に入り五節句の一つとなり、
    庶民の間にも広まりました。
    菊酒を飲み、菊の被綿(きせわた)に溜まった露で体を拭い
    健康と長寿を願います。

     

    (日本の節句文化を継承する会)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内