ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第833回 「第71回配布:デザインファクター3:リスクプロファイル」

オープンコース案内

  • 第833回 「第71回配布:デザインファクター3:リスクプロファイル」

     第833回 「第71回配布:デザインファクター3:リスクプロファイル」

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。
     

     

     今回は、「第71回配布:デザインファクター3:リスクプロファイル」をお届します。

    リスクプロファイルは、事業体が晒らされているI&T関連リスクの種類を
    カテゴリー化し、どのリスク領域がリスク選好度を超えているかを特定し、
    そのリスク影響度を捉えることにある。
    リスクカテゴリーはリスク分類が下記の19のカテゴリーで表示される。

    IT投資の意思決定、ポートフォリオの定義および維持

    ・プログラムとプロジェクトのライフサイクル管理

    ITコストと監視

    ITの専門的技術、スキル、行動

    ・事業体/ITアーキテクチャ

    IT運用インフラストラクチャインシデント

    ・無権限の活動

    ・ソフトウェア採用/使用上の問題

    ・ハードウェアインシデント

    ・ソフトウェア障害

    ・論理攻撃(ハッキング、マルウェアなど)

    ・第三者/サプライヤインシデント

    ・準拠違反

    ・地政学的課題

    ・争議行為

    ・自然災害

    ・技術ベースのイノベーション

    ・環境

    ・データと情報管理 

     

    資料の「COBITデザインガイド」は、「このカテゴリーは事業体の
    リスク選好度を超えるリスクカテゴリーを特定した」と記述している。
    このカテゴリー項目のリスク分析を行い重要の高いリスク対策を
    設定したということである。
    このリスクカテゴリーから、その対策となるガバナンスとマネジメント目標
    を絞り込むことになる。
     

     

    次回は、「第72回配布: デザインファクター3:リスクプロファイルー2」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================

     

     

     

     

    【処暑(しょしょ) 三候】 

      ◆綿柎開(わたのはなしべひらく)823日頃
      綿を包む柎が開き始める頃。柎とは花の萼(がく)のことです。
      柎が開き始めるとふわふわとした綿毛が中からとび出してきます。
      この綿毛が木綿の糸や布になります。

      ◆次候:天地始粛(てんちはじめてさむし)828日頃
      ようやく暑さが静まる頃。天気図には秋雨前線が登場し、
      冷たい空気とともに秋を運んできます。とはいっても、
      日中はまだまだ暑く、夏の気候が続きます。

      ◆末候:蒙禾乃登(こくものすなわちみのる)92日頃
      日に日に稲穂の先が重くなってくる頃。
      稲穂はこぼれるように実り、色づき始めます。
      しかし、この時期は台風が襲来してくる時期であり、
      各地で農作を祈るお祭りが開催されます。

      ◆旬のもの:木槿(むくげ:花)、葡萄(ぶどう:果物)、鰯(いわし:魚)
    、秋の七草(花)

    *木槿(むくげ:花):朝に開いて、
    夜にはしぼんでしまうことから、「槿花一朝の夢」といった
    成句も存在するほど、はかなく涼やかな花とされています。
    木槿は韓国の国花としても知られています。

    *秋の七草:七草は春だけではなく秋にもあります。
    萩・桔梗・葛・藤袴・女郎花・尾花・撫子が秋の七草です。
    春の七草のように七草粥にするのではなく、
    観賞用として親しまれています。

    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内