ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第834回 「第72回配布:デザインファクター3:リスクプロファイルー2」

オープンコース案内

  • 第834回 「第72回配布:デザインファクター3:リスクプロファイルー2」

     第834回 「第72回配布:デザインファクター3:リスクプロファイルー2」

     

     

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。


    IT
    ガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019

    の中核資料4分冊の日本語版が20202月に出揃いました。

    ISACAの提供するCOBITITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT
    2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。

     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。 
     

     今回は、「第72回配布:デザインファクター3:リスクプロファイルー2」をお届します。 

    一般に、このリスク分析はERMEnterprise Risk Management)で
    提唱されるリスクマトリクスを一般には使用する。以下にその概説する。
    「リスクの重大さ」はそのリスクがどの程度の影響を及ぼすか
    の「影響度」とそのリスクの「発生可能性」の乗算で測定される。

    ERM図表の見方は、事業体やITインフラなどが地震や水害や
    サイバーテロなどのリスクを被るとしたとき、
    そのリスクがリスクマトリクス上で現在どの位置にあるかを
    R1
    R2、・・、Rnでプロットする。
    そして、このマトリクスにリスク許容限度(リスクトレランス)と
    リスク選好度(リスクアピタイト)の領域を描く。リ
    スク許容度線内で発生するリスクは事業体を崩壊させるほどの
    リスクエリアを言い、リスク選好度線内のリスクは十分に対処できる
    リスクエリアを表す。全てリスク選好度線内にあるように対策を
    講じれば良いのだが、投資額が膨大になる。対象とするリスク
    を残余リスクをもってどの位置まで持ってくるかを
    E1
    E2、・・。Enでプロットする。
    この間の矢印が対策(コントロール)になり、
    事業体に合ったリスク対策ということになる。

     

    リスクカテゴリーの各々に影響(被害の大きさ)と発生可能性
    を設定すればタスクのレート付け(リスクの優先度)が
    位置づけられることになる。

     タスクのレート付けをもとに、このデザインファクターで
    活用するマッピングテーブル「ITリスク — ガバナンスと
    マネジメントの目標」を用いて、対象とすべき重要なガバナンス
    とマネジメント目標の相対重要度付けをすることになる。

    詳細のマッピングテーブルは巻末に載せているので、
    ここでは図表のマッピングテーブルで要約解説をしよう。
    テーブルの最上行はDF3(デザインファクター)19個の
    リスクカテゴリーが記述される。

    左端の桁にはガバナンスとマネジメント目標が記述される。
    この図表でRISKCAT02「プログラムおよびプロジェクトの
    ライフサイクルマネジメント」を見ると、このリスクカテゴリーに
    対して関係強度が3以上のガバナンスとマネジメント目標は
    APO01 管理されたI&Tマネジメントフレームワーク」と
    BAI01 管理されたプログラム」は関係強度が3以上なので、
    重点事項として推奨されていることになる。

    ちなみに、全リスクカテゴリーを載せた巻末の詳細テーブルを
    見ると、その他にも「APO06 管理された予算とコスト」、
    APO11 管理された品質」、「BAI03 管理されたソリューション
    の識別と構築」、「BAI11 管理 されたプロジェクト」は関係強度
    が‘3’以上として提示されている。
     

    次回は、「第73回配布: デザインファクター4I&T関連課題」を解説します。

     

     

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるITガバナンスの図解解説」を発売◆◆ 
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html

    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆ 

     こちらです http://www.ism-research.com/itc/it-1.html

    電子書籍は⇒

    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================

    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆ 
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。

     こちらです 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html

    ===PR===================================================================

    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒
    https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================

     

      

    【白露(はくろ)】 9/79/21

    二十四節気が処暑から白露へと変わり、
    朝の草花に露が宿り始める頃となりました。
    昼夜の気温差が大きくなるこの時季は、
    朝晩に空気が冷やされ露を結びます。

    湿度を含んだ空気が冷気に触れてできる水滴は、
    朝晩の気温が低くなっている証拠です。

    朝の光に白く輝く露のことを、古の人は「白露」と
    表現しました。
    白露は、露の美称「しらつゆ」のことで、
    秋の季語でもあります。

    「露華 (ろか)」「露珠 (ろしゅ)」「銀露 (ぎんろ)
    「月露 (げつろ)」「月の雫」
    これらはすべて、きらきらと輝く露の美しさを表したもの。

    また、「玉露」も本来、露を美しい玉に見立てた言葉です。

    (暮らしのほとり舎)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内