ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第838回 「第76回配布:デザインファクター5:脅威環境」

オープンコース案内

  • 第838回 「第76回配布:デザインファクター5:脅威環境」

     

    第838回 「第76回配布:デザインファクター5:脅威環境」

     

    皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が2020年2月に出揃いました。
    ISACAの提供するCOBITはITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。
     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     今回は、「第76回配布:デザインファクター5:脅威環境」をお届します。

    デザインファクター5の「脅威環境」の捉え方は、
    そのマッピングテーブルを見ればよく分かります。
    脅威環境のマッピングテーブルはステップ1の
    デザインファクターのように定義カテゴリーに対する
    入力の重要度データとマッピングテーブルの段階を
    踏まず直接に、カテゴリーに対するガバナンスとマネジメント目標
    の関係強度のテーブルを提供しています。

    関係強度の、カテゴリーは脅威環境が「高」いか「通常」か
    によってガバナンスとマネジメント目標の重要度(関係強度)を
    マッピングテーブルとして活用することになります。
    「高」とは、地政学的状況、業界分野、特定のプロファイルに
    よると、事業体は脅威の大きい環境で運用しているということです。
    「通常」とは、事業体は通常の脅威レベルと見なされるレベルで
    運用しているとしていると記述しています。

    次回は、「第77回配布:デザインファクター5:脅威環境(マッピングモデル)」を解説します。

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるI&Tガバナンスの図解解説」を発売◆◆
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
    電子書籍は⇒
    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆改訂本「新IT経営の最新知識」(PGLVer.3.1対応版)第2版を発売◆◆
       令和2年7月18日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/ititc-pgl31.html
    ===PR===================================================================
    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒ https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================


    【寒露(かんろ)三候】 10/8~10/22頃
    ◆初候:鴻雁来(こうがんきたる)10月8日頃
    ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃。
    雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になるとシベリアの方へ
    帰っていきます。毎年、初めに訪れる雁を「初雁(はつかり)」
    と呼びます。
    ◆次候:菊花開(きくのはなひらく)10月13日頃
    菊の花がさく頃。
    各地で、菊の展示や菊まつり、品評会が行われます。
    菊には不老長寿の薬効があるとされ、旧暦9月9日の
    重陽の節句には、菊の花を酒に浮かべた
    菊花酒を飲む風習がありました。
    ◆末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10月18日頃
    蟋蟀が戸口でなく頃。
    この候の蟋蟀は、夏から冬にかけて見られ、
    鈴のような音色を響かせるツヅレサセコオロギだと
    言われています。ギーッチョンと機織りのように鳴く
    蟋蟀ではありません。
    ◆旬のもの:栗(果物)、はたはた(魚)、青梗菜(ちんげんさい、野菜)
    、柘榴(ざくろ、野菜)、体育の日(行事)
    *青梗菜:ミネラル豊富な緑黄色野菜である青梗菜。
    和名では「たいさい(体菜)」と呼ばれています。
    原産地の中国では3000年も前から食べられていました。
    そのため、多くの中華料理に使われています。
    *体育の日:国民の祝日である体育の日は「スポーツに
    したしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。
    1964年の東京オリンピック開会式が行われた日として、
    10月10日が体育の日でしたが、
    2000年より10月第2月曜日となっています。
    (暦生活)

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

     

     

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内