ホーム  >  メルマガバックナンバー  >  22.COBIT2019入門  >  第839回 「第77回配布:デザインファクター5:脅威環境(マッピングモデル)」

オープンコース案内

  • 第839回 「第77回配布:デザインファクター5:脅威環境(マッピングモデル)」

     第839回 「第77回配布:デザインファクター5:脅威環境(マッピングモデル)」

     皆さん、おはようございます。当メルマガを担当しています井上正和です。

    ITガバナンスのグローバルデファクトスタンダードであるCOBIT2019
    の中核資料4分冊の日本語版が2020年2月に出揃いました。
    ISACAの提供するCOBITはITの進化に連れて内容が変化しています。
    COBIT2019はCOBIT5の複雑さを整理し、企業経営の多様性に対応した
    柔構造の設計概念を取り入れています。
     さらに、経営戦略を策定するための経営要因の多様さを考慮し、AIのような
    学習機能を取り入れ、経営要因の入力データから推奨の経営戦略モデルを
    提示するデザインツールを提供しました。
    使用します基本情報は今著作中の「COBIT2019によるI&Tガバナンス入門」
    からの抜粋です。

     

    今回は、「第77回配布:デザインファクター5:脅威環境(マッピングモデル)」をお届します。

     

    脅威環境の「高」か「通常」は、「有る」か「無い」かの指定でも良いと
    思いますが、いろんな脅威環境の存在をその関係強度によって設定し、
    ガバナンスとマネジメントの目標で示しているのです。
    関係強度のレベルは、ステップ1と同様に1.0から4.0の4段階です。
    関係強度レベル3.0以上に評点している箇所は脅威が存在する分野
    であることを提示していることになります。

    「通常」がすべて1.0に設定されているのはデザインワークフローの
    ステップ1の「初期範囲定義に準拠」でその要件はカバーされている
    ということです。
    図表から関係強度レベル4.0と3.0以上を列挙しますと下記の通りです。
    資料のCOBITデザインガイドではレベル3.0以上は
    重要事項として取り上げることを推奨しています。

    次回は、「第78回配布:デザインファクター5:脅威環境(関係強度レベル4.0)」を解説します。

    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「COBIT2019によるI&Tガバナンスの図解解説」を発売◆◆
       令和2年6月27日から、PDF版と製本版、電子書籍の発売を開始しました。
      よろしくお願いします。
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/cobit2019it.html
    ===PR===================================================================
    ======================================================PR================
     ◆◆新刊本「ITコーディネータ資格試験対策本」(PGLVer.3.1対応版)を発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
    電子書籍は⇒
    https://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010338BK0078408001/
    ===PR===================================================================
    ==================================PR================
     ◆◆  田中英道先生の「古代史関係の本」  ◆◆
      コンテン堂で電子本を紹介・販売しています。
      こちらです⇒ https://contendo.jp/Product/List/?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E9%81%93&mode=search_creator
    ===PR===============================================
    ==================================PR================
     ◆◆古代史シリーズ8「日本人の祖先と日高見国」を開催します。◆◆
    *セミナー内容⇒
    http://ism-research.com/common_uploaded_files/file/20211001kodaisiSries8(s).jpg
    *会場⇒
     http://ism-research.com/common_uploaded_files/file/20211001kodaisiSries8(B).jpg
    *申込先⇒ 斎藤:kodaishi.saitoh@gmail.com
    ===PR===============================================

    【寒露(かんろ)の時期】 
    *冷たい露の時期
    秋が深まると、草花には冷たい露がつき始めます。
    朝日に照らされ、葉先でキラリと光る一粒の露は
    どことなく神秘的な印象さえ受けます。
    この時期ならではの光景に魅了された昔の人は、
    なんと文様でその美しさを表現しました。
    玉になった露が、風になびく芝の葉先に
    光っている様子を表した「露芝文様(つゆしばもんよう)」。
    野の芝に、秋の冷気で露がつく様は涼を感じさせるため
    、秋のみならず、暑い時期の着物の文様としても
    親しまれているようです。


    *月がキレイな時期
    この時期は空気が澄んでいると、それをより実感できるのが夜。
    ぼんやりと霞がかった月ももちろん風情がありますが、
    秋の月はうさぎの形に見える月の模様までハッキリと見え、
    その美しさがよくわかります。温かい飲み物でも飲みながら、
    いつまでも眺めていたくなりますね。


    *秋晴れの時期
    秋雨前線がだんだんと南下して、大気が安定していきます。
    空気が澄んで秋晴れの日が多く、過ごしやすい時期。
    しかし、朝晩の冷え込みが厳しくなってくる時期でもあるので、
    体調を崩さないようご注意ください。
    (ウェザーニュース)

     

     

    【新着情報】
    ======================================================PR============
    IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.1対応の研修「経営改革に求められる基盤知識コース」
     を開催します。

     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/course-8.html

    =======PR===========================================================
    ======================================================PR====
    ============
     ◆◆ITコーディネータ試験想定問題集PGLVer3.1対応版」を平成2941日から発売◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/itc/post-22.html

    ===PR===================================================================
    ======================================================PR====
    ================
     ◆◆ITコーディネータ試験対策のテキスト本と研修コースPGLVer3.0対応版を実施します。◆◆ 
       試験対策本 http://www.ism-research.com/itc/it-1.html
       研修コース http://www.ism-research.com/itc/course-9.html
    ===PR========================================================================
    =====================================PR============
    =================
    出版本「ITコーディネータによる全社的ITシステムのRFP作成ポイント解説」を発売します。◆
     こちらです ⇒ 
    http://www.ism-research.com/book/published-book/itit-rfp.html
    =======PR===========================================================
     

    【重点コース】

    ======================================================PR===========
    ◆◆出版本「イノベーションの主要な知見と戦略」を平成2715日から発売◆◆
     こちらです⇒ http://www.ism-research.com/book/published-book/post-91.html
    ======================================================PR===========
    ======================================================PR===========
    ◆◆「イノベーションの主要知見と戦略を知るコース」を平成268月から開催◆◆  
     こちらです http://www.ism-research.com/course/mgmt-it-course/mc30-it-1.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「問題解決の実践思考コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/facilitator/course-12.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新刊本「ITコーディネータによるIT経営の戦略企画書づくり」 を発売開始◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/book/published-book/itism.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆新コース「クラウドコーディネータ通信教育コース」を開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/cloud/post-62.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「製造業事業課題分析基礎」コースを実施します◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk40.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆「現場主導の全社業務改革基礎知識」コースを開催します。◆◆ 
     こちらです http://www.ism-research.com/course/transformation/dk30.html
    ===PR==============================================================
    ======================================================PR===========
     ◆◆PMBOK活用の実践力基礎知識」コース開催します。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/project-management/pk10.html
    ===PR==============================================================

     

    【弊社サイトのコンテンツご紹介】

     弊社のIT経営研修コース体系です。
     こちらです http://www.ism-research.com/course/course-chart.html
     弊社のIT経営の関連テキスト本です。
     こちらです http://www.ism-research.com/book/book-menu.html
     お客様内での研修コース実施要領です。
     こちらです。 http://www.ism-research.com/course/post-20.html#search_word=


    【協業パートナー募集】

     弊社でのサイトを活用して研修コースやコンサルコース等を販売されませんか?
         
    弊社のインフラがありますので簡単に安価に販売が可能になります。
         
    弊社掲載の管理会計のコースはその例です。
         
    お問い合わせは、こちらです inouemas8@gmail.com

     弊社で実施の「IT経営研修コース」の販売パートナーを求めています。
         
    もし、協業をご要望の方がございましたら、ご案内させていただきます。
         
    パートナ参加のお問い合わせはこちらでご返信ください。  inouemas8@gmail.com

      メルマガの配信停止はメルマガの返信で「配信拒否」とメモして返信ください。
         
    次回から配信を停止いたします。

     

             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================
                       (有) 情報戦略モデル研究所(ISM研)
                     ITコーディネータ協会認定 研修実施機関
                                     
                  代表 井上 正和
                         e-Mailinouemas@axel.ocn.ne.jp
     
                      URLhttp://www.ISM-Research.com/
             -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-================

ページトップへ

サイドメニュー

オープンコース案内